ロレックスはなぜ高い?高騰している理由や資産価値が高いモデルも紹介

ロレックスはなぜ高い?高騰している理由や資産価値が高いモデルも紹介

ロレックスは世界中で知られる人気の高級時計ブランドです。いざ購入に踏み切ろうにも価格の高さに思いとどまってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、その価格の高さにも理由があります。

今回はロレックスがなぜ高いのか、高騰の背景などについて解説していきます。また価値が下りにくいモデルについても解説していくので、ロレックスの買取をお考えの方もぜひ参考にしてください。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


1 ロレックスについて

世界中で人気なロレックスの魅力とは?

出典:ROLEX

まずロレックスというブランドについて簡単に解説します。ロレックスは1905年に『ハンス・ウィルスドルフ』がロンドンで設立したスイスの高級時計ブランドです。

20世紀初期に広まりだした腕時計は、精度が低く日常的に使いづらいものでした。そんな中、精度の高い時計作りを目指したロレックスは、腕時計として初めてスイス公認の「クロノメーター」の称号を獲得厳しい審査基準を突破し、高い性能や安全性が認められました。

精度の高さはもちろん、三大発明と呼ばれる防水仕様のオイスターケース、完成度の高い自動巻き機構(パーペチュアル)、日付が0時になると一瞬で切り替わるデイトジャスト機構といった独自の発明によって、現代でも通用する実用性を高めていきました。
また、日付表示を拡大するサイクロップレンズもロレックスが最初といわれています。このように精度や視認性の高い時計を作り続けることで、ロレックスは実用性がある時計として認知されていきました。

詳しくは下記の記事で解説しているので、気になる方はご覧ください。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


2 ロレックスはなぜ高いのか?価値が高い理由とは

シリーズによってテーマやターゲット層が分かれている

出典:ROLEX

日本だけでなく世界各国で注目を集め続けているロレックス。数ある時計ブランドの中でも、その人気はずば抜けており、高額なのにも関わらず未だ需要は上昇傾向にあります。この章では、ロレックスがなぜ高いのかを3つのポイントから解説していきます。

2-1 こだわり抜かれたクオリティの高さ

希少価値が高いアンティークロレックス

出典:ROLEX

ロレックスの腕時計は、高い実用性とクオリティを誇ります。その高い価格は、実用時計としての優れた性能や精度へのこだわりによるものです。ロレックスはムーブメントの製造や外装のデザインなど時計製造のプロセスを、自社で一貫して手掛けています

しかし常に熟練の職人を抱え、さらに各工程の開発や製造ラインの維持などコストがかかるデメリットもあります。その分、定価に反映されるため高くなってしまいます。

最新技術を駆使し高品質な時計を作り出すロレックスならではのこだわりが、高い価格となって反映されているのです。

2-2 希少価値の高さ

希少価値の高さ

ロレックスの時計は、防水性テストや駆動時間のチェックなど厳格な精度テストをクリアした時計だけが流通されるため、高い品質が保証されています。
独自のプロセスで作り上げられていることにより、大量生産が難しく流通量が限られています。この限られた生産本数で利益を上げるためには、単価も上げざるを得ません。

さらに少ない生産本数に対して、需要は大きく上回り供給量が間に合っていない状況も長らく続いています。

2-3 ブランド力の高さ

高い知名度と信頼を誇る

ロレックスは世界中で高い知名度を誇り、「高級時計ならロレックス」といっても過言ではないほどの圧倒的なネームバリューがあります。このロレックスのブランド力は、高い技術力とぶれることのないブランド方針から保たれています。

ここで、ロレックスの高い技術力を裏付けるエピソードをご紹介します。

1927年にオイスターケースの実用性を図るための実証実験が行われました。スイマーの『メルセデス・グライツ』は、ロレックス オイスターを着用した状態でドーバー海峡の横断にチャレンジし成功を納めます。着用していたオイスターは、10時間以上水中で使用していたにも関わらず止まらずに動いていたそうです。この偉業は英国紙「デイリー・メール」に展開した一面広告によって世間に広まることになります。

さらに、1953年にはニュージーランドの出身の登山家である『エドモンド・ヒラリー』がロレックスのオイスター パーペチュアルを着用し、人類初のエベレスト登頂に成功しています。こうした偉業は数多くあり、ロレックスの信頼を裏付けていき現代まで語り継がれています。

時計ブランドは数多くありますが、ロレックスほど高い信頼と知名度を誇るブランドは他にはありません。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


3 近年ロレックスが高騰していた背景

ロレックスの時計が高騰している理由とは?

3章では近年、ロレックスの価格が驚くほど高騰していた理由を下記の5つのポイントから説明していきます。

  • コロナ禍による品薄
  • 中国バブルによる需要変動
  • 金の高騰
  • 為替による影響
  • 既存モデルの廃盤と新作モデルの発表

3-1 コロナ禍による品薄

コロナ禍による品薄

ロレックスの価格高騰には新型コロナウイルス感染症の影響による、供給量の減少と品薄も大きく関わっています。2020年頃からの感染症の拡大によって、人・モノの動きが止まり流通量が安定しませんでした。メーカーからの供給も止まり、国内のみならず海外でも取引制限が行われたため、輸入量が減少しました。
この供給不足から世界的に品薄となり需要が増加し、ロレックスの価格が高騰したといわれています

2020年に感染症が流行した直後はロレックスの相場下落もありましたが、相場はその後回復し安定しています。これは、コロナ禍の外出制限から旅行や外食などの娯楽への消費が減少し、高級嗜好品への消費が増加したことが影響しています。

3-2 中国バブルによる需要変動

中国バブルや購入制限による需要変動

ロレックスの時計は価値が安定していることから、富裕層が資産を増やすための投資目的として購入されています。
2021年頃、中国やインドなどの経済成長国でロレックスの需要が増えていました。しかしロレックスの生産本数は限られており、生産ラインを拡充をしても追いつかず、中でもパーツ数の多い最新モデル等のスポーツウォッチは手に入れにくい状況でした
中古市場や並行市場では希少なモデルほど価格が高騰するため、この需要と供給のバランスの崩れの影響を大きく受けたといえます。

3-3 金の高騰

金の高騰

金の高騰もロレックスの価格に影響を及ぼしています。各モデルに使用される金やステンレス鋼板の価格上昇が、その背景にあります。とくに金は2021年ごろから相場が上昇し、2024年現在では1グラムあたり1万円を超える高水準となっています。

3-4 為替による影響

為替による影響

ロレックスを含む輸入品は為替の影響により、価格が変動します。円安の場合、輸入品の価格が上がり、円高では価格が下がります。2022年頃からの円安傾向は続いており、2024年も1ドル=150円前後で推移しています。

また、一部のサイトでは、150円以上の円安が続く場合には、政府や日本銀行などが介入して円高に転じる可能性があるという予想も示されています。これは、円安が過度に進行すると輸入品の価格上昇やインフレ圧力の増大など、経済全体への影響が懸念されるためです。

出典:みずほリサーチ&テクノロジーズ

3-5 新型ムーブメント搭載モデルの発表・既存モデルの廃盤

新型ムーブメント搭載モデルの発表・既存モデルの廃盤

出典:ROLEX

ロレックスは、新作発表や既存モデルの生産終了時に価格が高騰しやすい傾向にあります
新作モデルの性能をグレードアップし高品質にするには製作コストも増加するため、それに伴い定価自体も上がります。2023年には、最新ムーブメントのCal.4131が搭載されたデイトナ 126500LNが発売され、旧モデルとの価格差が数十万円ありました。

そして、生産終了モデルは正規店での購入ができなくなるため、人気モデルほど中古市場での価格が高騰しやすくなるのです。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


4 ロレックスは投資対象としておすすめ

ロレックスは投資対象としてオススメ

出典:ROLEX

ロレックスの時計は、高い人気と買取金額の高さから投資対象としても注目されています。コレクターの中には、ロレックスだけで数十本も保有して、株券や不動産のようにロレックスを資産商品として運用し、利益をあげている方もいるそうです。
なぜ、投資対象としてロレックスが選ばれているのでしょうか?その理由を解説します。

4-1 安売りをしない姿勢

セールや値引きをしない姿勢


セールやアウトレットショップで定価よりも安く販売している時計ブランドはたくさんありますが、ロレックスは安売りやセールを一切しないブランドとして有名です。

レックスは在庫処分としてアウトレット品を販売することもないので、一定の価値を保ち続けており、値上げをしても買い手がいなくなりません。正規店で安く購入することができないという点も、ブランド価値を保ち続ける理由のひとつです。

4-2 需要の高さによる安定した資産維持のしやすさ

圧倒的な人気と高い需要

ロレックスは近年、実物資産として注目されていることもあってか、価値が上がっています。ロレックスの時計は、以前から資産価値が高く値崩れしにくいといわれていますが、メディアが取り上げたことにより、需要が増え売却目的での購入がさらに増加。その影響でロレックスは入手困難となりました。

こういった事態を解消するために、転売防止の購入制限や来店予約制度の導入を行っていますが、品薄状態が続いています。ロレックスは未だに簡単に手に入れることができないほどの人気を誇っており、中古市場ではプレミア価格で取引されるくらいの資産価値があります。

関連記事はこちら
ロレックスに購入制限があるって本当?対象モデルや抜け道を解説
ロレックス正規店の事前来店予約のやり方|購入確率を上げる方法も紹介

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


5 資産価値が高いロレックスの人気モデル

資産価値が高いロレックスの人気モデル

ロレックスモデルの中でも価格が上がりやすいデイトナや、長年安定的な人気を保ち続けるエクスプローラーなど、各シリーズごとの特徴や価格相場についてお伝えします。買取依頼を考えている方は、ぜひチェックしてください。

5-1 サブマリーナー

サブマリーナ

出典:ROLEX

サブマリーナー初代モデルは、水深100mまでの防水機能や潜水時間を測定できる回転ベゼルを備えた世界初のダイバーズウォッチとして登場しました。約70年の長い歴史を持つモデルのため、アンティーク品も多くあります。

現在は、より洗練されたデザインと300m防水や高精度なムーブメントなど新たな機能を備え、ダイビングでの使用はもちろん、サーフィンや水泳などマリンスポーツの際にもおすすめなモデルとして人気を誇っています。

なかでもサブマリーナーデイト 116610LVの2024年の買取相場は300万円弱と高騰しており、2017年の100万円前後の買取相場から大幅に上昇しています。

5-2 デイトナ

デイトナ

出典:ROLEX

1963年に販売され約60年の歴史を持つデイトナは、ロレックス唯一のクロノグラフモデルです。著名人が多く着用していることから注目を浴び、誰もが憧れる人気モデルとなりました。新品・中古それぞれ価格が高騰しており、過去5年間の中でアップダウンがあるものの右肩上がりとなっています

たとえばデイトナ 116500LNは2022年〜2024年現在にかけて400万円前後で取引されています。このモデルの文字盤には高級感のある黒と、軽さのある爽やかな印象の白の2種類がありますが、白文字盤の方が人気が高まっています。
その理由はベゼルのカラーで、116500LNの旧モデルである116520はステンレスベゼルだったため、黒文字盤とシルバーベゼルのスタイリッシュな組み合わせを好む人が多くいました。

また、デイトナは2023年1月にフルモデルチェンジした126500LNを発表し、旧モデルの116500LNが生産終了となりました。どちらのモデルも買取相場は現在400万円前後と、大きな差はありませんが今後の新作発表により、価格変動が起こる可能性も考えられます。

5-3 GMTマスター

GMTマスター

出典:ROLEX

GMTマスターは1955年に販売開始されたパイロットをターゲットにしたモデルです。その後、GMTマスターIが登場しましたが1999年に販売終了し、現在はGMTマスターIIが現行モデルとなっています。

GMTマスターはロレックスの中でも人気は安定しており、買取価格は国内定価価格を上回る数値で推移しています。とくに人気の高いGMTマスターII 126710BLROは300万円前後の買取価格となっています。なお、ジュビリーブレスとオイスターブレスの2種類がありますが、ジュビリーブレスの方がやや高値で取引されています。

5-4 エクスプローラー

エクスプローラー

出典:ROLEX

エクスプローラーは大きく分けると、エクスプローラーⅠとエクスプローラーⅡの2種類があります。エクスプローラーの歴史は古く1953年にエクスプローラーⅠが発表され、シンプルなデザインと実用性の高さから不動の人気を誇っています。エクスプローラーⅠの中でも人気の高い124270は2021年の発売当時70万円弱で購入できましたが、現在の買取相場は120万円前後となっています。

エクスプローラーⅡは1972年に販売開始されたものの、その珍しいデザインから販売当初はあまり人気が見られませんでした。しかし近年は、初代エクスプローラーⅡ 1655や第二世代の16550などのモデルは、流通量の少なさから希少性が高まり買取相場が高騰しています。

エクスプローラーは、デイトナやGMTマスターのようなプレミア感はないものの、安定した需要と下がらない価値が特徴です。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


6 ロレックスを高く売るために知っておきたいポイントを解説

ロレックスを高く売るために知っておきたいポイントを解説

ロレックスの時計は、中古でも高い価値があります。買取に出す際は高額買取してもらうためのポイントを必ず確認しておきましょう。

6-1 買取相場をチェック

価格推移をチェック

基本的にロレックスの相場は高く安定していますが、さまざまな要因で下落する可能性がないとは言い切れません。そのため買取に出す場合は相場が上昇している時がおすすめです。

相場が上がりやすい時期としては、定価改定し価格が上昇した時です。値上げをしたことでロレックス自体の価値も高まり、買取需要の増加にも繋がります。また、毎年春に行われる新作発表に伴い廃盤になったモデルは、希少性が高くなり相場が上がることがあります。

モデルごとの買取相場は買取業者のホームページやインターネットオークションで出品されている中古時計の価格を確認すれば、簡単に調べることができます。

ブラリバでもロレックスのモデルごとの買取実績の紹介をしているので、ぜひご覧ください。
>>ブラリバのロレックス買取ページはこちら

6-2 できる限り付属品を揃える

付属品が揃っているか

査定時には、外箱や内箱、取扱説明書などの付属品を必ず揃えておきましょう。どの時計にもいえることですが、基本的にギャランティーカード(保証書)や購入時の箱がついていれば、価値が高くなり買取金額もそれに比例して上昇します。とくにロレックスはその状態が顕著となっており、保証書のありなしだけで数十万円ほどの差が出ることもあります

そもそも、保証書はメーカーの保証期間を表す証明書ではありますが、ロレックスでは本物であるという証明の役割が大きくなってきています。買取額に大きく関わるため、ブランド時計の購入時は保証書を大切に保管しておくようにしましょう。

6-3 買取は信頼できるお店へ

買取は信頼できるお店へ

ロレックスの買取店選びは評判や口コミを確認し、実績や専門知識を持つ店舗を選ぶことが重要です。中には不当に買い叩く悪徳業者も存在します。安心して取引できるよう、ロレックスの買取店選びは慎重にしましょう。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


7 ロレックスが高騰している背景も押さえて高く売ろう

本記事ではロレックスが高い理由や高騰している背景から、価値が下がりにくい人気モデルについて解説しました。

ロレックスは優れたデザイン性や機能性の高さを誇る時計ブランドで、スポーツモデルやドレスモデルなど種類が豊富です。そのラインナップの多さから、使う人を選ばず幅広い層からの人気を得ています。ロレックスは、どのシリーズも買取相場が高いため、あなたがお持ちのロレックスも、高い価値があるかもしれません。

もし、ご売却を検討されているのであれば、ぜひ当社が運営するブラリバへご相談ください多数の買取実績と豊富な知識をもとに、最新の買取相場で査定させていただきます!

あなたの大切なロレックスを
納得のいく価格で買取させていただきます!

あなたの大切なロレックスを納得のいく価格で買取させていただきます!

ロレックスの売却をお考えであれば、買取専門店の「ブラリバ」をご利用ください。
お問合せ方法は電話、メール、LINEから選択可能。買取にかかる手数料は全て無料ですので、お気軽にご相談ください!

ロレックス買取強化モデルページ

ブランド時計の高価買取ならブラリバにおまかせください!
ブランド時計の高価買取ならブラリバにおまかせください!