ロレックスは傷だらけでも買取できる?傷の防止法や高く売るコツも解説

ロレックスは傷だらけでも買取できる?傷の防止法や高く売るコツも解説

高い耐久性・堅牢性を持つロレックスの時計でも、ぶつけてしまったり落としてしまったりすれば少なからず傷はついてしまいます。「傷だらけでも買取してもらえるのか」「これ以上傷や劣化を進行させないためにはどうすればいいのか」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、傷があるロレックスの買取事情について詳しく解説します。傷の度合いによる買取価格への影響や傷や劣化を防ぐ方法などをご紹介するので、最後までご覧ください。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします


ロレックスの傷の度合いと買取価格への影響

傷のあるロレックスの買取価格について考える女性のイラスト

ロレックスは基本的に傷があっても、買取に対応してくれる業者が多いです。しかし傷の度合いによって、買取価格は大きく左右されます。そこで本章では、傷の度合いと買取価格への影響について詳しく解説いたします。

軽度の傷

ここでいう軽度の傷とは、日常生活でついてしまうような小さくて細かい傷のことを指します。このような細かい傷は、買取価格にはほとんど影響がないとされています。

普段どれだけ大切に着用していても、少なからず小さな傷はついてしまうものです。軽度の傷であれば買取後のちょっとしたメンテナンスで修復できるので、修理に出したり無理に自分で修復する必要はありません。

もちろん未使用の新品と同じ評価を受けるのは難しいですが、傷の有無で左右されるレベルではないのであまり神経質になりすぎないようにしましょう。

中度の傷

ここでいう中度の傷とは、どこかしらにぶつけたり落としたりと何らかの衝撃によって生じた傷のことを指します。一目でわかるほどの傷がついてしまった腕時計は、査定価格に影響する可能性が高いです。

とくに文字盤をカバーするガラスは、傷がつきやすいパーツなので注意が必要です。ロレックスのガラスには耐久性に優れている「サファイアガラス」を採用しているので、割れるリスクは低いと考えられます。

しかし何かしらの衝撃により、傷がついてしまうことは避けられません。視認性に影響する傷がついてしまうと査定に響いてしまうので、取り扱いには十分に注意しましょう。

重度の傷

ここでいう重度の傷とは、一目見ただけで認識できる深刻な損傷や凹み、パーツの破損などが挙げられます。修理を依頼しても元通りに修復できない見込みの傷が該当するので、査定額も大幅に下落する可能性が高いです。

ただしロレックスは部品だけでも需要があることから、買取店によっては傷だらけでも買取は可能です。修理をすれば多少綺麗にはなりますが、アップする査定額より修理費用の方が高くつく傾向にあるので修理せずにそのまま買取に出すのがおすすめです。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします


ロレックスの傷や劣化を防止する4つのポイント

ロレックスの傷や劣化を防ぐポイントを説明する女性のイラスト

本章では、ロレックスの傷や劣化の防止方法について詳しくご紹介します。すでにお持ちのロレックスに傷がついてしまっている方もそうでない方も、今後ロレックスの価値を下げないためにしっかり押さえておきましょう。

マイクロファイバーで皮脂や汚れを丁寧に拭き取る

ロレックスに限らず、着用したことで付着する汗や皮脂は各部品の劣化につながります。毎日行う必要はありませんが、時折マイクロファイバークロスで時計についた皮脂や汚れを取るようにしましょう。またケースと金属製ブレスレットは中性洗剤と柔らかいブラシで洗うことも可能ですが、その際は防水性能を確保するためリューズをケースにしっかりと差し込むむようにしましょう。

クッション性のあるトレーの上で着脱する

腕時計に傷がつく要因として多く挙げられるのが、不注意による着脱時の落下です。そのため、腕時計を着脱する際には、できる限りクッション性のあるトレーの上で行うのが推奨されています

適切な環境で保管する

ロレックスを保管する際には、なるべく直射日光や高温多湿の環境を避けるようにしましょう。高温多湿の環境で保管すると、内部の機械が腐敗したりバンドにシミが発生したりする原因となります。また直接日光が当たる場所に置いておくと、文字盤が日焼けしてしまう恐れがあります。

ロレックス購入時に付いてくるケースで保管することで、そのような環境から時計を守りながら保管することが可能です。また腕時計を固定しながら保管できるので、傷が付いたり落下したりするリスクも軽減されます。

定期的にオーバーホールに出す

ロレックスを長く使うためには、定期的なオーバーホールは必要不可欠です。ロレックスの場合、通常3〜4年に1度の修理が推奨されています。定期的にオーバーホールに出すことで、見た目だけでなく防水性能や時刻性能などの機能面の質を維持することが可能です。

ロレックスのオーバーホールについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はこちらも併せてご覧ください。

>>ロレックスのオーバーホールの費用はどれくらい?正規店と民間の時計修理業者の違いも

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします


傷だらけのロレックスを少しでも高く売る3つのコツ

傷だらけのロレックスを高く売るコツを解説する女性のイラスト

傷がついてしまったとしても、大切に使用してきたロレックスは少しでも高く売りたいですよね。そこで本章では、傷がついてしまったロレックスを少しでも高く売る方法についてご紹介します。

保証書や付属品も一緒に査定してもらう

傷の有無にかかわらず、ロレックスを買取に出す際は付属品や保証書なども一緒に査定してもらうようにしましょう。ロレックスは本体だけでも高値で売れますが、付属品があることで買取価格がアップする可能性があります。ロレックスの付属品には、以下のものが挙げられます。

  • 外箱、内箱
  • 保証書(ギャランティカード)
  • 余りコマ
  • 取扱説明書

とくに保証書は、正規品であることを証明する重要な書類です。付属品の抜け漏れがないよう事前に自分の持っているモデルの付属品を調べ、手元にあるものは査定時にまとめて出しましょう。

できるだけ早めに買取してもらう

ロレックスを少しでも高く売りたいのであれば、需要が高いうちに早めに売却するのがおすすめです。ロレックスに限らず基本的に新しいモデルほど需要が高く、年代の古いモデルになるほど価値が落ちる傾向にあります。これは中古市場での流通量が増えることで価値が下がり、それに比例して買取額も下がってしまうのが原因です。

複数の買取店に査定を依頼する

買取店によって査定ポイントが若干異なるため、複数の買取店に見積もりを依頼するのがおすすめです。査定額を比較できるのはもちろん、大まかな相場を把握することもできます。

また買取店に査定に出す際は、ロレックスの買取に精通している買取店に査定してもらうようにしましょう。ロレックスに詳しくない業者が査定した場合、アイテム本来の価値を判別するのが難しいため、傷の度合いによっては買取不可としてしまう可能性が高まってしまいます。

ロレックスを高く売るコツやタイミング、買取店の選び方については以下の記事で詳しく解説しています。ご興味のある方は、こちらもチェックしてみてください。

>>ロレックスを高く売る方法とは?売るタイミングや買取店選びのポイントも解説

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします


傷だらけのロレックスの買取なら「ブラリバ」におまかせ!

ロレックスは、基本的に傷がついていても買取してもらえることが多いです。ただし傷の度合いによって買取価格は左右されるので、まずは所有されているロレックスにどの程度傷が入っているのかを確認してみましょう。

買取に出す際は、保証書や付属品を一緒に出すと査定額がアップする可能性があります。また買取店によって査定ポイントは若干異なるため、ロレックスの買取に精通している複数の買取店に見積もりを出してもらいましょう。

ブラリバはロレックスの買取に力を入れており、傷があっても経験豊富な査定士が本来の価値を見極めるため、高値での買取が可能です

ロレックスの買取を検討している方は、お気軽にブラリバまでお問い合わせください。

ロレックス買取強化モデルページ

ブランド時計の高価買取ならブラリバにおまかせください!
ブランド時計の高価買取ならブラリバにおまかせください!