銀座で最高水準の査定価格・サービス品質をご体験ください。

あなたの大切なパライバトルマリン
どんな物でもお売り下さい!!

パライバトルマリンのジュエリーって、とても素敵ですよね。
そんなパライバトルマリンは、ブラジル付近でしか採掘されない宝石なのだそうです。
とにかく透明度がしっかりとあるこのブルーの色合いが何といっても素晴らしい宝石ですが、年々価値事態も上昇している傾向にあるようです。
そんなパライバトルマリンの指輪やネックレスなどといったジュエリーを売りたいと考えている方は、ブランドリバリューをぜひご利用ください!
あなたの大切なパライバトルマリンのジュエリーをしっかりと鑑定士が丁寧に鑑定し、買取査定額を出させていただきます!日ごろからとにかく、何よりもお客様が満足される買取査定をすることができるように、努力させていただいておりますので、きっとお客様も納得して売ることができるかと思いますよ。
「かなり愛用していたから状態が良いとは言えないし・・・」このように悩んでいる方もまずは、パライバトルマリンのジュエリーを売りたいと思うのであれば、ブランドリバリューにぜひご連絡ください。

他社の買取額と比較すると

パライバトルマリン
ダイヤネックレス Pt900×Pt850

※状態が良い場合や当店で品薄の場合などは 特に高価買取致します。

A社:412,000円

B社:409,000円

420,000

高価買取のポイント

  • POINT1

    品物の状態が良いほど買取金額UP

    ブランド名、モデル名が明確だと査定がスピーディに出来、買取価格にもプラスに働きます。また、新作や人気モデル、人気ブランドであれば買取価格がプラスになります。

  • POINT2

    おまとめ査定で買取金額UP

    数点まとめての査定依頼ですと、買取価格をプラスさせていただきます。

  • POINT3

    品物の状態が良いほど買取金額UP

    お品物の状態が良ければ良いほど、買取価格もプラスになります。

パライバトルマリンの査定の際にぜひお持ちいただきたいのは、購入時に同封されていた保証書や購入証明を含む付属品。
そのお品物の種類、購入時期等がわかればよりスムーズに査定を行うことができます。
付属品等は、購入当初についていたものが揃うほど、より査定金額が高くなります。
もちろん、付属品がなくてもお品物そのものの価値は変わりませんのでご心配ございません。
また長年ご愛用された事による欠損、経年劣化等がお見受けされるお品物でもかまいません。
専門のスタッフが拝見させていただきますので、お品物次第では、通常査定価格よりも更に高い査定価格のご提示も可能です。
手軽に利用できるLINE査定などもありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

買取実績

  • パライバトルマリンチャーム
    K18WG


    A社:18,700円
    B社:18,200円

    買取価格例

    20,000

    昔の恋人にプレゼントされたパライバトルマリンチャーム K18WGをご売却されたいとのことでお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt900


    A社:236,000円
    B社:222,000円

    買取価格例

    250,000

    コレクションの一部を手放すということでパライバトルマリンダイヤリング Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt950×K18


    A社:137,000円
    B社:129,000円

    買取価格例

    150,000

    祖母から貰ったというパライバトルマリンダイヤリング Pt950×K18をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    K18WG


    A社:51,000円
    B社:49,500円

    買取価格例

    55,000

    プレゼントされたパライバトルマリンダイヤリング K18WGをご売却されたいとのことでお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt900


    A社:59,000円
    B社:58,200円

    買取価格例

    62,000

    実家の棚に眠っていたというパライバトルマリンダイヤリング Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt900


    A社:27,400円
    B社:26,000円

    買取価格例

    30,000

    遺産整理とのことでパライバトルマリンダイヤリング Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt900


    A社:37,800円
    B社:36,200円

    買取価格例

    41,000

    普段使いとして購入したが飽きたとのことでパライバトルマリンダイヤリング Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤネックレストップ
    K18WG


    A社:97,500円
    B社:94,300円

    買取価格例

    100,000

    長い間身に着けていたが新しいものを購入するためとのことでパライバトルマリンダイヤネックレストップ K18WGをお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    K18WG


    A社:28,500円
    B社:28,000円

    買取価格例

    30,000

    昔の恋人にプレゼントされたものを処分しているとのことでパライバトルマリンダイヤリング K18WGをお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤネックレストップ
    Pt900


    A社:147,000円
    B社:142,000円

    買取価格例

    160,000

    昔に購入して使っていたが、もう長い間使っていないとのことでパライバトルマリンダイヤネックレストップ Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤリング
    Pt900


    A社:285,000円
    B社:276,000円

    買取価格例

    300,000

    パーティー用に購入したが使う回数が少ないとのことでパライバトルマリンダイヤリング Pt900をお買取りさせて頂きました。
  • パライバトルマリンダイヤネックレス
    ネックレスK18WG


    A社:109,000円
    B社:98,800円

    買取価格例

    120,000

    ドレス用に購入し使っていたが新しいものが欲しいとのことでパライバトルマリンダイヤネックレス ネックレスK18WGをお買取りさせて頂きました。

BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では独自の中古時計再販ルートを構築しているため、幅広いブランドの腕時計を高く査定し、買い取ることが可能となっております。
また、ブランド腕時計の買取において豊富な経験を積んだスタ ッフが在籍しており、故障した時計、電池切れで動かない時計、傷ついた時計等も価値を見落とすことなく最大限高く査定。

「他店で査定を断られたような時計が、BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では
驚くほどの高額買取の対象となった」
――そのようなことも全く珍しくはありません。

こんな状態でも買取致します!

■風防割れ

■ベルトのよれ、劣化

■文字盤焼け

その他:箱、ギャランティー、付属品無し、電池切れや故障による不動品でもお買取りいたします。

ブランドバッグ、時計、アクセサリーなど、幅広いお品物を買い取ります。

  • 前職は、営業としてメーカーに勤務しておりました。鑑定士を志すきっかけは、幼い頃からブランド品やジュエリーなどを扱う仕事に憧れを持っていたからです。鑑定士となった今、一番に意識していることは、お客様の笑顔です。お客様の笑顔こそが私たちの仕事のやりがいであり、大切な思い出となります。「また来たいな」と思っていただけるよう、今後も鑑定士としての腕を磨き、最高の接客でお客様をおもてなししたいと思います。BRAND REVALUEは、今までの買取店の概念を変える「高級サロン」のような内装、空間になっております。買取店が初めてというお客様も、ぜひ一度足を運んでいただけたらと思います。これからもお客様にご満足いただけるよう、スタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願い致します。ご来店、お問合せ心よりお待ちしております。

買い取り対応の基準 買い取り対応の基準

買い取り対応の基準

古い物、傷物も高く査定いたします!
傷のついたお品物、古くなったお品物も、コスト削減を徹底し高額買取りを
可能としているBRAND REVALUEでは水準以上の価格で査定しています。
「どうせ高くは売れないから……」とあきらめる前に、ぜひ一度ご相談ください。
動かなくなった時計やストラップが壊れたバッグなど、ワケあり品も高額に
査定できる可能性は十分にあります。もちろん査定自体は無料ですし、
1品あたり3分程度で終わります。宅配買取、出張買取も行っていますので、
こちらもお気軽にご利用ください。
カビがあっても買取OK
シミがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
持ち手が黒ずんでてても買取OK
キズがついてても買取OK
動いてなくても買取OK
劣化していても買取OK
刻印がなくても買取OK
少量でも買取OK
変形した金でも買取OK
キズがついてても買取OK
ベルトが破損してても買取OK
動いてなくても買取OK
デザインが古くても買取OK
デザインが古くても買取OK
壊れてても買取OK
鑑定書がなくても買取OK
主石がなくても買取OK

取扱いできないものについて

以下に当てはまるお品物は、残念ながら取扱いができない可能性がございます。予めご了承くださいませ。

  • 修復不可能な裂け目などができた財布、バッグ、衣類
  • 一部の古すぎるブランド時計 (ただし、アンティーク品として高く査定できる場合もございます。詳細はご相談ください。 また、動かなくなった時計も、テスターで検査した結果使用可能と判定されれば動くものと同等の価格となります)
  • 偽物と鑑定された貴金属
  • 非ブランド品のバッグ・アクセサリー等
  • 家電製品、ブランド品・貴金属類以外のお品物
  • 鼈甲、登録書のない刀剣類、登録書のない象牙

いずれにせよ、ご不明な場合には無料で査定をいたしますのでお気軽にご相談ください。

その他買取可能なジャンル

【買取ジャンル】バッグ/ウエストポーチ/セカンドバック/トートバッグ/ビジネスバッグ/ボストンバッグ/クラッチバッグ/トランクケース/ショルダーバッグ/ポーチ/財布/カードケース/パスケース/キーケース/手帳/腕時計/ミュール/サンダル/ビジネスシューズ/パンプス/ブーツ/ペアリング/リング/ネックレス/ペンダント/ピアス/イアリング/ブローチ/ブレスレット/ライター/手袋/傘/ベルト/ペン/リストバンド/アンクレット/アクセサリー/サングラス/帽子/マフラー/ハンカチ/ネクタイ/ストール/スカーフ/バングル/カットソー/アンサンブル/ジャケット/コート/ブルゾン/ワンピース/ニット/シャツメンズ/毛皮/Tシャツ/キャミソール/タンクトップ/パーカー/ベスト/ポロシャツ/ジーンズ/スカート/スーツなど

当店の3つのポイント

都合に合わせて自由にチョイス!選べる3つの買取方法

ご利用いただいたお客様の声

ジュエリーの量がかなり増えてしまったため、今回はパライバトルマリンのリングを査定に出すことに決め、ブランドリバリューにお願いしました。
ブランドリバリューは知識が豊富な鑑定士の方が鑑定してくれるので、安心して委ねることができただけではなく、対応の良さもかなりよかったです。
ただ単にジュエリーとしてではなくパライバトルマリンの価値をわかってくれ、しっかりと鑑定をしてくれたという点は個人的にかなりほっとしましたね。
また何かジュエリーがあった際には、ブランドリバリューで買取査定をお願いしようと思いますのでその際にはよろしくお願いいたします。

鑑定士からのコメント

今回はお客様の大切なジュエリーのひとつである、パライバトルマリンのリングの査定にブランドバリューを利用してくださりありがとうございました。
お客様が今回ご依頼してくださりましたパライバトルマリンのリングは、パライバトルマリンだけではなくサイド部分にダイヤもついていたことから、この査定額とさせていただきました。
生活傷が比較的目立ったものであはったのですが、パライバトルマリンの質の良さから、ブランドリバリュー側としましても、頑張らせていただいた次第です。
また、何かありましたら是非遠慮なくブランドリバリューに鑑定を依頼して頂ければなと思います。

パライバトルマリンとは?半貴石のトルマリンなのになぜ高額商品?

  • 高額な宝石といえば何を思い浮かべますか?きっとすぐに頭に浮かぶものはダイヤモンドではないでしょうか。

    大きなダイヤモンドのついた婚約指輪を送ることが、プロポーズの時の定番であることからも、共通認識としてダイヤモンドよりも高い宝石はないと思いがちです。色石でいえば、サファイヤ、ルビー、エメラルドなどジュエリー以外にも中世などで鏡や剣などに装飾が施されてきたことを考えると高価で歴史の深い宝石であることが分かります。しかし、1ctあたりの価格がダイヤモンドを超える宝石があるのです。

    それもエメラルドなどの貴石でなく、アクセサリーにも使用される半貴石のトルマリンの一種、パライバトルマリンという石です。蛍光色の強いブルーカラーが魅力的なパライバトルマリンがなぜ高額商品として扱われているのかについて述べていきたいと思います。端的にいうと、希少性、他のカラーストーンでは見られない色味、産地がパライバトルマリンが高額商品といわれている理由です。

    まず、限りなく少ない鉱山から産出するパライバトルマリン自体の産出量が減少していることが挙げられます。そして次に、蛍光色の強いネオンカラーの宝石は、他の宝石では代用することができない色味をもっています。最後に、産地はブラジル産とアフリカ産の二つがありますが、ブラジル産のものはアフリカ産とは比べられないほど高額商品であるといわれています。

    これらすべての条件を兼ね備えた高品質のパライバトルマリンは、大富豪でもない限り購入できない高額商品であります。しかし、どれか絶対に譲れない条件を一つ提示することで、パライバトルマリンを入手できる確率がぐんと上がるかもしれません。

    アフリカ産のパライバトルマリンは色が薄く、加熱加工されて鮮烈な色味を生み出していることもあります。天然にこだわるなら、気を付けなければならないことなどをあらかじめ下調べしておくと、気に入るパライバトルマリンとの出会いがあったときに逃さなくてよいので条件を絞り下調べすることは必須ですね。

 

パライバトルマリンとはどのような宝石か意外と浅いその歴史

  • 誕生石の中でも比較的安価なことから、ジュエリーやアクセサリーによく使用されているトルマリン。きっと知っている人も多いことと思います。ピンクやグリーンなどカラーバリエーションが多いことでも有名ですね。そんなトルマリンの中である種類のトルマリンは希少性が高く、高額であることをご存知でしょうか。

    この記事では、色石の中で最も高額な部類に入る「パライバトルマリン」について述べていきます。パライバトルマリンはブラジルのパライバ地方で発見されたことからその名称を与えられました。パライバ色とは、ブルーからグリーンの他の色石には見られないような高彩度で美しいネオンカラーのトルマリンを指します。

    しかし、この美しいパライバトルマリン、なんと発見されたのは1987年とほんの30年前なのです。紀元前から装飾なのとして使用されていたりするガーネットやペリドット、ルビーなどの他の色石に比べると、その歴史はとても浅いのです。

    1987年、ブラジルの地質調査所がブラジルのサン・ジョゼ・ダ・バターリャでマンガノタンダライトを採掘していた時に偶然このトルマリンを発見しました。その後産出量は増え、1990~1991年にかけて良質な原石の産出はピークを迎えました。この頃に大量に発掘されたため、現在は産出量がわずかなものとなっています。ブラジル以外にナイジェリア、モザンビークでもブラジルで産出したパライバと似た色味をもつものが発見され、パライバトルマリンとして分類されますが、色味や蛍光性においてはブラジル産に劣るとされています。

    そのようにブラジル産のパライバトルマリンは歴史の浅さは関係なく希少性の高いこととその美しさで人気が高く、高額なことから入手困難な宝石の一つです。その輝きと色味の独特な魅力で、宝石に興味がない人でさえも惹きつけられてしまうような引力をもつパライバトルマリン。女性ならば憧れずにはいられないこの宝石をいつか身に着けてみたいものですね。

 

パライバトルマリンの相場とは?他の色石との価格差

  • パライバトルマリンの目にも鮮やかなブルーからグリーンにかけての発色は、この宝石が初めて発見されたとき、「ネオンのような」または、「電気のような」強さであるとたとえられました。

    トルマリンはカラーが豊富な宝石の一つであり、多色性(見る角度を変えることによって異なった色に見える性質)をもつインディゴライトトルマリン、ピンクからパープルの豊かな深みをもつルべライトトルマリンなどの種類があります。他にも二色の美しい調和が魅力的なバイカラートルマリンなど、そのカラーはおよそ100色を超えるといわれています。その中でも特に希少性が高く、価格も色石の中でトップとされているパライバトルマリンの相場は、他の色石と比較してどのくらいのものなのでしょうか。パライバトルマリンの原石は1ctに満たないものが多く、宝石にするため研磨を行ってしまうと、さらに小さくなってしまいます。

    産地によっては大きな原石も採掘できますが、品質が悪く、パライバとしての価値は低いものが多いです。ですので、パライバトルマリンはその発色の良さも重要ですが、大きくその上発色も素晴らしいものとなると希少性はぐんと上がります。目安として0.5ctで八万円から二十万円ほどです。同じトルマリンでもルべライトは0.5ctで六千五百円とその価格帯の差は大きいです。

    他の宝石と比較してもルビーは0.5ctで三万円、サファイヤの中でも希少性の高いパパラチヤサファイアでも0.5ctで十万円とパライバトルマリンほど相場が高い色石はありません。また、1ctのパライバならば0.5ctの倍で十六万から四十万といった単純なものではなく、1ctを超える希少性の高いパライバは産出量も少ないので価格も数百万から数千万と割高になります。

    かといって大きくても発色が悪いものであれば、そのような価格評価は適正とはいえませんので注意が必要です。これからもその希少性は上がり続けると考えられているパライバトルマリン。もし手に入れる機会があれば、ちゃんと価値を見極め購入したいものですね。

 

パライバトルマリンの特徴!他の色石にはない美しさの秘密

  • 10月の誕生石であるトルマリンはカラーバリエーションが豊富でその数は百種類以上と言われています。

    デニムのような深い青色のインディゴライトトルマリン、深みのあるバイオレットレッドのルベライトトルマリン、まるでスイカのような赤と緑のウォーターメロントルマリンなど、まるで一つの鉱物とは思えないほどの多様さをもっています。トルマリンは本来、ピンクトルマリン以外は比較的明度の暗い色が多く、その中でもネオンが強いイルミネーションのような鮮烈な青色から緑色のカラーをもつパライバトルマリンは、トルマリンの中だけでなく色石の中で評価が最も高い宝石と言えるでしょう。

    今ではパライバトルマリンは人気が高く、しかし供給量がとても少ないことから品質の良いものとはなかなかお目にかかる機会がない宝石です。では、品質の良いパライバトルマリンの特徴とはどのようなものでしょうか。まず一つ目に、その鮮烈な色味です。大きさより、インクルージョンの少なさよりもパライバトルマリンにおいては色が重要視されます。大きな原石が採掘されないこと、インクルージョン(内部のヒビなどの内包物)が多いことが通常であることから、他の宝石ではグレードを決める指標となるものが適用されないのです。他の宝石には見られない蛍光性をもつパライバトルマリンのカラーは日本ではグリーンよりもブルーに近いほど人気があり、高価な傾向にあります。

    次にテリと呼ばれるものです。宝石を評価する際、重要な要素である輝きのことを指します。パライバトルマリンはそれ自体輝きが強く、光が少ない場所でも輝きを放つ宝石です。ですので、あまりにも消光の多いものはパライバトルマリンとして認められるべきではないのです。

    とはいっても、パライバトルマリンの鑑別書は通常「天然トルマリン」とされるので、パライバの名称は記載されないことから判別が難しいです。しかし、分析報告書には記載可能ですので、産地にちなんでパライバトルマリンと呼ばれていることと産地を特定するわけではないことの併記が定められています。その際、パライバの色味の決め手となる銅とマンガンの含有量も記載が義務付けられているので、パライバトルマリンを購入する際はチェックしておいたほうが良いかもしれないですね。