ピンクゴールドとは?意味や変色を防ぐためのお手入れ方法なども紹介

ピンクゴールドとは?意味や変色を防ぐためのお手入れ方法なども紹介

ピンクゴールドは可愛らしく柔和な色味をしており、主に若い女性から人気を集めています。アクセサリーや時計に多く見られる素材で、純金よりも頑丈な性質を持っていることで知られています。

本記事では、そんなピンクゴールドの特徴やお手入れ方法などについて解説していきます。取り扱いの注意点や高価買取してもらうためのポイントについてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


1 ピンクゴールドとは?

ピンクゴールドとは?

ピンクゴールドとは、純金に銅や銀、パラジウムなどを混ぜて作成する合金です。ピンクゴールドには銅が多く配合されているため、暖かみのある美しいピンクの色味を出しているのが特徴です。銅の配分量はメーカーによって異なり、色味や耐久性もすべて統一されているわけではありません。

ピンク系の温かみのある色合いは特に女性からの人気が高く、主にネックレスやリングなどのアクセサリーや時計に多く用いられています。

1-1 ホワイトゴールドやイエローゴールドとの違い

純金に他の金属を混ぜて作成する金属は、他にも「ホワイトゴールド」や「イエローゴールド」などが挙げられます。いずれも銀や銅、パラジウムなどを配合していますが、その配分量が異なります。

ホワイトゴールドは、銀やパラジウムを混ぜたものにロジウムでコーティングを施した合金です。割金の割合は販売店舗により若干変わりますが、一般的には金が75%、パラジウムが25%で構成されています。

イエローゴールドは、純金に銀や銅を混ぜて作成する合金です。黄色味が強いカラーリングで、アクセサリーなどに使用するとラグジュアリー感漂うデザインになるのが特徴となっています。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


2 ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドの特徴として以下の2点が挙げられます。

  • どんな肌色にもフィットする柔和な色味
  • 純金よりも硬度が高く耐久性に優れている

ピンクゴールドの特徴や魅力について、以下で詳しく解説します。

2-1 どんな肌色にもフィットする柔和な色味

ピンクゴールドは暖かみのあるピンクゴールドの色味を出しているのが特徴の素材で、あらゆる肌色にフィットするのが魅力です。可憐なピンクの色味には女性らしさが溢れており、普段使いはもちろん結婚指輪などに使用する女性も多いです。

カルティエやティファニーのようなジュエリーブランド、ロレックスやオメガのような高級時計ブランドなどで多く用いており、高級感やエレガントさを演出する上で適した素材といえます。

2-2 純金よりも硬度が高く耐久性に優れている

ピンクゴールドは、純金よりも硬度が高く耐久性に優れているのが特徴です。金に混ぜる割金として主に挙げられるのが「銀」「銅」「パラジウム」ですが、この中で最も硬度が高いのが銅です。主な金の硬度をHV換算で表したものを、以下に記載します。

  • 純金:22
  • ホワイトゴールド(銀とパラジウム):120
  • イエローゴールド(銀と銅):125
  • ピンクゴールド(銅とパラジウム):150

またピンクゴールドの中でもっとも銅が配合されているのが「レッドゴールド」であり、HV換算の硬度は150を超えているとされています。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


3 ピンクゴールドの注意点

ピンクゴールドの注意点

ここまでピンクゴールドの特徴や魅力について解説してきましたが、使用する際に注意していただきたい点がいくつかあります。ピンクゴールドの注意点は、主に以下の3点です。

  • 酸化に弱く変色しやすい
  • 金属アレルギーが発生しやすい
  • 再加工が難しい

ピンクゴールドの注意点について、以下で詳しく解説します。

3-1 酸化に弱く変色しやすい

ピンクゴールドに含まれている銅は酸化に弱い性質があり、経年変化によって茶色く変化していく特徴があります。最近では酸化防止加工を施しているブランドも多いですが、メンテナンスを怠ってしまうといずれ変色は発生してしまいます。

酸化を防止する対策としては、保管する際になるべく水や酸素に触れる時間を減らすようにしましょう。購入する際についているアクセサリーケースやボックスの中で保管したり、定期的なメンテナンスを施すことで銅の酸化を遅らせることが可能です。

3-2 金属アレルギーが発生しやすい

ピンクゴールドは、金属アレルギーを起こしやすいので注意が必要です。ピンクゴールドに含まれる銅とパラジウムはアレルギーを起こしやすい性質があるため、過去に金属アレルギーを発症したことがある方は特に注意しましょう。

赤いかぶれを発症したり痒みを感じたりした場合には、直ちに着用をやめて医師に相談するようにしてください

3-3 再加工が難しい

ピンクゴールドを用いている製品は、再加工が難しいです。ピンクゴールドに用いられている銅やパラジウムは硬度が高く耐久性に優れている性質を持っていますが、その一方で粘度はあまり優れていません。そのため再加工を施すと、割れたりひびが入ってしまう可能性があります。

サイズを変更したい時などによく再加工が施されますが、ピンクゴールドを用いた製品を購入する際には再加工ができないことを事前に把握してから購入するようにしましょう。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


4 ピンクゴールドのお手入れ方法

ピンクゴールドのお手入れ方法

ピンクゴールドのお手入れ方法は、主に以下の2点です。

  • 柔らかい布でやさしく拭き取る
  • 中性洗剤を薄めたぬるま湯で洗う

ピンクゴールドのお手入れ方法について、以下で詳しくご紹介します。

4-1 柔らかい布でやさしく拭き取る

日常生活の中で取り入れられる方法として、柔らかい布でやさしく拭き取ることがあげられます。汗や汚れがついたままにしておくと変色の進行を早めてしまうことにつながるので、なるべく定期的に行うことが大切です。

ピンクゴールドに配合されている銅は硬度が高く傷がつきにくい性質を持っているので、基本的には汚れを拭き取るだけで十分なメンテナンスになります。拭き取る際に使用する布には、クロスが適切でしょう。クロスは研磨剤入りとなしのものがあり、普段のお手入れ用には研磨剤なしでも十分ですが、頑固な汚れがついている場合には研磨剤入りを使用すると便利です。

4-2 中性洗剤を薄めたぬるま湯で洗う

柔らかい布やクロスなどで拭き取れなかった汚れがある場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯をつけたブラシで優しく洗うのが効果的です。中性洗剤を使用する際の手順は、以下の通りです。

  1. 中性洗剤をぬるま湯に溶かしてジュエリーを浸ける
  2. 柔らかいブラシで傷がつかないように丁寧に洗う
  3. 洗ったジュエリーを水やぬるま湯で洗い流す
  4. 柔らかい布で乾拭きする

ただしジュエリーに真珠やトルマリンなどの宝石がついている場合は、水に弱いため水洗いをすることはできません。アイテムによってお手入れの方法は異なるので、あらかじめ水洗いが可能かどうかチェックしておきましょう。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


5 ピンクゴールドを高価買取してもらうためのポイント

ピンクゴールドを高価買取してもらうためのポイント

ピンクゴールドの高価買取を実現させるために、買取専門店に依頼する前から自分でできることもあります。1円でも高く買取してもらえるためのポイントは、主に以下の3点です。

  • こまめにお手入れを行う
  • 保証書や付属品も一緒に提出する
  • 複数の買取専門店に依頼する

上記のことは決して難しいことではなく、誰でも容易に実践することができます。そのため本章でしっかり押さえておきましょう。

5-1 こまめにお手入れを行う

高価買取してもらうためだけでなく、なるべく長く使用するためにもこまめにお手入れやメンテナンスを行うようにしましょう。ピンクゴールドは次第に酸化していきますが、酸化の進行度合いによって複数のお手入れ方法が存在します。

わずかな酸化であれば柔らかい布とぬるめの真水で優しく洗うだけなので、なるべく早めの段階でのお手入れを意識するようにしましょう。

またジュエリーやアクセサリーは、着用した分だけ酸化を遅らせる性質があるとされています。大切に使用すれば長く使えるので、定期的に着用するようにしましょう。

5-2 保証書や付属品も一緒に提出する

ピンクゴールド製品を買取に出す際には、付属品や保証書なども一緒に提出することで買取価格がアップする可能性があります。付属品としては、以下のようなものが挙げられます。

主な付属品

  • 保証書
  • 購入品についているタグ
  • 保存袋
  • 収納箱

時計やアクセサリーによって保証書の名称や付属品は異なります。またジュエリー系のアイテムや高級時計は比較的付属品が多い傾向にあるので、保管する際には細心の注意が必要です。

5-3 複数の買取専門店に依頼する

ピンクゴールドのアイテムを買取に出す際は、複数の買取業者に依頼するのがおすすめです。同じ状態のアイテムでも業者によって買取価格が異なるため、多少面倒でも複数の業者に査定してもらいましょう。依頼する際に「他の業者では〜円くらいの買取価格を提示してもらった」などと業者に伝えると買取価格がアップするケースもあります。

いくつかの業者に依頼し、一番高額で買取してくれる業者に依頼する」という方法が、最もシンプルかつスピーディーな方法です。買取相場は常に変動しており事前に正確な買取価格を突き止めることは、一般の方だとなかなか難しいことです。

まずは「相談料・査定料無料」としている買取専門店に相談するのがいいでしょう。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


6 ピンクゴールドの買取なら「ブラリバ」へおまかせ!

ピンクゴールドの買取なら「ブラリバ」へおまかせ!

「実際どこの買取専門店に依頼すればいいの?」
「すべて1から調べるのはちょっと面倒」

ここまで本記事をご覧になって、以上のようなことを多くの方が考えたことでしょう。そこでおすすめしたいのが、ブランド買取専門店の「ブラリバ」です。

ブラリバではティファニーやカルティエなどのジュエリーブランド、ロレックスやオメガなどの高級時計ブランドなどのピンクゴールド製品を数多く多く取り扱っています。また当社ではピンクゴールド製品に精通しているバイヤーが常駐しており、お持ちいただいたアイテムの本来の価値を見極めることが可能です

さらにブラリバであれば、お持ちのピンクゴールド製品が現在売り時であるのか、世界市場との豊富な取引実績で得た正確な相場情報をもとに、将来的な相場予測を踏まえて査定価格をご提案します。まずはお気軽にLINE査定や​​電話相談よりお問い合わせくださいませ。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


7 ピンクゴールドは人気の素材で買取価格が高い

ピンクゴールドはジュエリーによく使われている素材で、肌なじみのよい色をしているため人気があります。ピンクゴールドは他のゴールド素材と比較して耐久性に優れている一方で、経年変化を起こしやすかったり再加工が難しいなどのデメリットもあります。

銅の酸化による経年変化を遅らせるためにも、こまめなお手入れを欠かさずに行いましょう。ピンクゴールドは傷がつきにくい性質があるので、着用後に柔らかい布で汚れを拭き取るだけで十分なメンテナンスになります。

ピンクゴールドの製品を売りたい時は複数の買取専門店に依頼し、買取実績が豊富な専門店を選ぶようにしましょう。ブランド買取専門店の「ブラリバ」では多数のジュエリーブランドや高級時計ブランドを取り扱っており、正確な相場情報をもとにした査定価格を提示いたします

さらにブラリバでは、スマホから簡単に査定額がわかるLINE査定や​​電話相談 、ご自宅から手軽に申し込める宅配買取なども行っております。お手持ちのピンクゴールド製品の価値や買取価格が知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!
金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!