18金と24金の違いって?それぞれのメリット、デメリットも解説

18金と24金の違いって?それぞれのメリット、デメリットも解説

金は価値の高い素材として、ジュエリーや時計、インゴットなどさまざまな製品に用いられています。しかし、一括りに金といっても、“純度”によって18金や24金などに区別されており、価値や色味などの違いがあります。

本記事では、金の中でもポピュラーな18金と24金の違いについて解説していきます。
それぞれのメリット、デメリットもご紹介しているので、「18金と24金、どっちを選んだらいいのか分からない」とお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

またこちらのページでは、金の最新の買取相場や買取実績を確認できます。金・貴金属の査定や相場に関するQ&Aも公開しておりますので18金、24金の買取をお考えの方は、併せてご覧くださいませ。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


1 金の価値は純度で決まる

金の価値は純度で決まる

金の価値は、純度(純金の割合)が高いものほど上がります
金の純度は、24を100%とする“24分率”が採用されており、純度99.99%の純金を“K24(24金)”としています。純度はK24を基準とし、K22、K18と数字が下がるほど、低くなっていきます。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


2 18金と24金の大きな違いは純度

18金と24金の大きな違いは純度

18金と24金の大きな違いは純度で、24金の方が純度が高くなっています。ここでは、それぞれの配合物の割合、純度の違いによる特徴を解説していきます。

24金と18金の純度

24金=金99.99%
18金=金75% + 銀や銅など25%

24金は、99.99%を金が占めている純金(他の貴金属が含まれていない金)です。完全に100%でないのは、金をつくる段階でわずかに不純物が残ってしまうためです。

いっぽう、18金は75%が金、残りの25%は、銀や銅など他の金属が含まれている合金です。合金とは、2種以上の金属を融合させた物質のことを指します。

また、純度が違う場合、比重(体積あたりの重さ)も変わってきます。24金と18金の目安の比重は、以下の数値になります。

【24金、18金の目安の比重】

  • 24金:約19.32
  • 18金:約16.03~17.11

金は、金属の中でも重さのある物質で、比重も純度と同様に24金、22金、18金、14金、10金と数字が下がっていくごとに、小さくなっていきます

下記の記事では、金の純度について詳しく解説しています。純度の調べ方や比重の計算方法なども解説しているので、併せてご覧ください。

金・貴金属の買取をご検討中の方必見!

ブラリバでは、金・貴金属を高価買取中です。

ネットから申し込めるWEB査定のほかにも、無料の​​電話相談LINE査定を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

>>金・貴金属の買取実績を詳しくみる

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


3【18金と24金】純度以外の違いを解説

18金と24金は純度に違いがあることで、色味、硬さ、使用用途、価格相場なども異なってきます。3章では、18金と24金の純度以外の違いを4つに分けて解説していきます。

3-1 色味の違い

色味の違い

同じ金でも、純度が高くなるほど純金の色味が強く出てきます。18金と24金を比較すると、18金は明るい色味、24金は山吹色のような落ち着きのある色味なのが特徴です。

また、18金は金属の配合割合によっても色味が異なり、名称も変わります。18金はイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドのカラーが代表的で、ジュエリーに多く使用されています。

金属の配合割合とカラーの違い

【イエローゴールド】
金75%+銀・銅25%
黄色が強く黄金色に近い色

【ピンクゴールド】
金75%+銅18%+銀5%+パラジウム2%
可愛らしく暖かみのあるピンク色

【ホワイトゴールド】
金75%+銀・パラジウム25%
プラチナに似た輝きのある白銀色のような色

メーカーによって割合は変わってきますが、おおよそこのような配合で18金のカラーは作られています。

3-2 硬さの違い

硬さの違い

金はとても柔らかく加工がしやすい素材ですが、傷がつきやすいというデメリットもあります。そのため、ジュエリーとして加工する場合には、傷や変形などを防ぐために、他の金属を混ぜて硬度を上げるのが一般的です。

金属の硬さは、ビッカース硬度(単位はHv)であらわされ、数が大きくなるほど硬い金属とされています。
24金の場合のビッカース硬度は、約22Hvです。
18金の場合は他の金属の割合によって変わりますが、いずれも120Hv以上の硬さをもちます。

    【18金の硬さ】

  • イエローゴールド:約120〜250Hv
  • ピンクゴールド:約150〜240Hv
  • ホワイトゴールド:約125〜260Hv

※こちらの値は目安です。割金の割合や加工方法などによって数値は異なります。

このように、18金と24金では、金以外の金属も含まれている18金の方が耐久性があることが分かります。

3-3 使用用途の違い

使用用途の違い

金は全世界で流通している価値の高い資産です。もっとも純度が高く価値のある24金は、主にインゴットや金貨などに加工され、投資に用いられています
金貨の中でも、カナダ中央政府が発行しているメイプルリーフ金貨は、国際的な信用や高い評価を得ており、世界一の流通量を誇っています。

いっぽう18金は、純金に近い輝きをもち、耐久性にも優れていることから、ジュエリーに多く使われています。18金のなかでもホワイトゴールドは、アクセサリーによっては強度を上げたり、より輝かせるためにロジウムコーティングを施す場合もあります。

また、リーズナブルなゴールドアクセサリーや工業製品などには、銀や銅などの割合を増やし、純度をさらに下げた合金が使われるのが一般的です。

>>18金の買取について今すぐチェック

3-4 価格相場の違い

価格相場の違い

18金と24金では、純度の高い24金の方が、1gあたりの値段は高くなります。18金は金の他に、銀や銅などが配合されているため、24金に比べると価値も少し下がります。

当社が運営している「ブラリバ」での金の買取価格は2023年12月4日現在、

  • K24:10,819円 /g
  • K18:8,006円 /g

となっています。

一般的にジュエリーなども、金の純度が高いほど価値があるとされています。しかし、宝石がついていたり、デザインが施されているアイテムは、買取店によっては金そのものの価値だけでなく、ジュエリーとしての価値も加えた評価がされ、高値がつく場合もあります。

以下のページでは、インゴットやゴールドジュエリーなどの買取実績をご紹介していますので、買取を検討されている方は、ぜひこちらも参考にしてください。

>>金・貴金属の買取実績についてはこちら

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


4 18金と24金はどっちがいい?

4章では、18金と24金のメリット、デメリットをご紹介します。金製品を選ぶときは、それぞれのメリットとデメリットを比較して、用途や目的に合わせて選びましょう。

4-1 18金のメリット、デメリット

18金のメリット、デメリット

18金のメリット、デメリットは以下のとおりです。

【18金のメリット】

  • 24金より硬さがある

  • 合金の配合によってさまざまなバリエーションができる

  • 加工がしやすい

【18金のデメリット】

  • 24金よりも資産価値が低い
  • 合金の配合によってはアレルギー反応が出ることがある
  • 変色する場合がある

18金は、金を資産としてだけなく宝飾品としてコレクションしたいという方におすすめです。

18金は合金なので耐久性に優れており、使い勝手がよいため、普段使いのアクセサリーに向いています。また、18金は、配合する金属の種類や割合によって色味が異なるというバリエーションの豊富さもメリットのひとつといえます。

18金の大きなデメリットは、24金よりも純度が低いため、価値も若干低くなるという点です。また、金はアレルギーが起きにくい素材といわれていますが、18金は金以外の金属も含まれているため、人によっては18金のジュエリーを身につけると、アレルギー反応が出てしまう可能性もあります。
さらに、18金に含まれている“銀の硫化による黒ずみ”や、“銅の酸化の変色”が起きてしまう可能性もあります。とはいえ、変色したり黒ずんでしまったとしても、正しいお手入れをすることできれいにすることができます。

以下の記事では、18金の変色や黒ずみが発生してしまう理由や、お手入れ方法などを解説しています。ぜひこちらも併せてご覧ください。

4-2 24金のメリット、デメリット

24金のメリット、デメリット

24金のメリット、デメリットは以下のとおりです。

【24金のメリット】

  • 資産価値が高い
  • 劣化しにくい

【24金のデメリット】

  • 価格が高い
  • 柔らかく傷つきやすい

金の中でもっとも高い純度をもつ24金は、資産としての価値が高く評価されているため、投資対象としておすすめです。また、24金は純金なので、変色や腐食も起こりにくく、保管がしやすい点もポイントです。

いっぽう、24金の大きなデメリットは、純度が高いため柔らかく傷つきやすいという点です。そのため、アクセサリーや時計など、日常的に使うアイテムには不向きといえます。

金の純度は高いほど価値が上がりますが、使用するシーンや目的に合った素材を選ぶのが大切です

>>24金の買取についてはこちら

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


5 金の買取はブラリバへおまかせ!

「ブラリバ」では、24金のインゴットや18金のジュエリーなど、あらゆる金製品の買取をしております。金の売却を検討中のお客様は、ぜひ当店へご相談ください!
当店は、徹底的な経費削減によって、業界トップクラスの高額査定を実現しています。また、経験豊富な査定士が対応いたしますので、長時間お待ちいただくことなくスピーディな査定を行うことが可能です。

2023年12月現在、金相場は1万円前後と高値で推移しているため、今が売り時です。ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

>>金・貴金属の買取ページを今すぐ見る

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


6 18金と24金の違いを比較して目的に合った素材を選ぼう

本記事では、18金と24金の違いについて解説しました。同じ金といっても、純度によって価値や色、使用用途などに違いがあります。それぞれのメリット、デメリットを比較し、目的にあった素材を選びましょう。

また、金の買取を検討中でしたら、ぜひブラリバへご相談ください。ブラリバは店頭での買取はもちろん、郵送だけで簡単に買取可能な“宅配買取”、ご自宅に査定士がお伺いする“出張買取”のサービスもご利用可能です。
​​電話相談LINE査定、お問い合わせ専用フォームからお気軽にご連絡ください!

あなたの大切な金・貴金属を
どこよりも高く買い取ります!

金・貴金属の売却をお考えであれば、買取専門店の「ブラリバ」をご利用ください。
お問合せ方法は電話、メール、LINEから選択可能。買取にかかる手数料は全て無料ですので、お気軽にご相談ください!

金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!
金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!