ダウンジャケットの洗濯方法をチェック!失敗しないコツも紹介

ダウンジャケットの洗濯方法をチェック!失敗しないコツも紹介

衣替えでダウンジャケットを出したけれど、ボリュームがなくぺちゃんこになってしまっていたり、臭いが気になるなどのお悩みがある方もいるのではないでしょうか?
中にはクリーニングの費用を抑えるため、自宅で洗濯しようと考える方も多いでしょう。
しかし、ダウンジャケットはすべて自宅で洗濯できるわけではありません。

この記事では、自宅で洗えるダウンジャケットの判断基準や洗濯方法、洗うときの注意点などをご紹介します。着用前のお手入れはもちろん、シーズンオフの収納前のお手入れ時にも役立つ情報となっておりますので、ぜひご覧ください。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


1 ダウンジャケットを洗わないとどうなる?

ダウンジャケットを洗わないとどうなる?

ダウンジャケットを洗わずに放置していると、汗や雨によるシミや、皮脂汚れによる黄ばみの原因になります。また、ダウンジャケットは汗などによる湿気が残っていると、羽毛が空気を含みにくくなり、保温性が低下してしまいます。

いっぽう、ダウンジャケットを洗濯して十分に乾燥させた場合、湿気が取り除かれるため保温性が向上し、ボリュームも増します。さらに、表面の皮脂やほこりなどの汚れが取れ、くすみも解消されるのです。
ダウンジャケットのお手入れは、見た目をきれいにするだけでなく、暖かさを保つことにもつながるため定期的に行うようにしましょう。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


2 ダウンジャケットは自宅で洗濯できる?

ダウンジャケットのお手入れは、自宅で行うと色落ちや型崩れの原因になるため、基本的にクリーニング店に持ち込むのがおすすめですが、ものよっては自宅でも洗うことができます
2章では、自宅で洗えるものと洗えないものの違いについて解説していきます。

2-1 洗濯表示に“洗濯機マーク”や“手洗いマーク”があれば自宅で洗える

【自宅で洗うことが出来る“洗濯マーク”例】

自宅で洗うことが出来る“洗濯マーク”例

ダウンジャケットを自宅で洗濯したい場合は、まず洗濯表示をチェックしましょう。洗濯表示に、“手洗いマーク”や“洗濯機マーク”があれば自宅でも洗うことができます
しかし、洗濯表示に下記の“水洗い不可”マークがあった場合は、自宅で洗濯はできないため、クリーリングへ出しましょう。

【水洗い不可マーク】

水洗い不可マーク

水洗い不可マークが付いているものを自宅で水洗いをすると、縮んでしまったり色落ちしたりする場合があるため、注意が必要です。

2-2 自宅で洗濯ができない素材もある

自宅で洗濯ができない素材もある

ダウンジャケットにはさまざまな素材がありますが、以下の素材を使用しているダウンジャケットを自宅で洗濯するのは難しいです。

【自宅で洗えない素材】

  • ウール
  • シルク
  • ツイード
  • レザー
  • フェイクレザー

ウールやシルク、ツイード素材のものは、水洗い不可マークと同様に、自宅で洗うと色落ちしたり、型崩れしたりと生地の傷みの原因となります。

また、レザーやフェイクレザーのダウンジャケットも自宅で洗濯ができません。革製品は水に濡れると劣化し、ヒビ割れや色落ちなどが起きてしまいます。ファーやプリントなどの装飾が施されているものも、自宅で洗濯すると失敗してしまうことがあるため、クリーニング店におまかせするのがおすすめです。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


3 【洗い方別】ダウンジャケットの正しいお手入れ方法をご紹介

3章は、ダウンジャケットのお手入れ方法をご紹介します。洗濯機を使用した方法、手洗いの方法の2つに分けてご紹介します。

3-1 洗濯機を使ってダウンジャケット、コートを洗う方法

洗濯機を使ってダウンジャケット、コートを洗う方法

ダウンジャケットは、洗濯機を使用した方法でも脱水以外は、基本的に手洗いがおすすめです。なぜかというと、洗濯機で洗うと生地が傷んでしまったり、中の羽毛が出てきてしまったりすることがあるためです

【洗濯機を使用したダウンジャケットの洗い方】

  1.  汚れが気になる部分には、おしゃれ着洗剤を塗布しスポンジで軽くたたく
  2. ファスナーやボタンを閉じ、たたんで洗濯ネットに入れる
  3. 洗濯機にダウンジャケットが浸かるくらいぬるま湯(30℃程度)を張り、洗濯用洗剤を混ぜる
  4. 「沈める」「浮かせる」を繰り返し、30回ほど押し洗いをする
  5. 洗ったら洗濯機で1分ほど脱水する
  6. 4〜5と同じ要領できれいな水を使用してすすぎ、1分ほど脱水する
  7. 6を2回繰り返し洗濯完了。(柔軟剤を使用する場合は“2回目のすすぎ”で使用)
  8. 脱水後はすぐに取り出し、形を整える
  9. ハンガーにかけ乾燥させる

    ダウンジャケットを洗う際、もみ洗いは毛が傷む原因になるため、押し洗いで優しく汚れを落とすのがポイントです。
    また、洗濯機を使用する場合は、ファスナーやボタンが洗濯機内で引っかかってしまわないように必ず閉じて、洗濯ネットに入れましょう
    洗濯ネットに入れておくと、押し洗いをする際に袖が広がらず洗いやすくなるメリットもあるのでおすすめです。

    3-2 手洗いでダウンジャケット、コートを洗う方法

    手洗いでダウンジャケット、コートを洗う方法

    ダウンジャケットを手洗いする場合も、脱水までは洗濯機を使用した方法とほぼ同じ手順で行います。

    【ダウンジャケットを手洗いする方法】

    1. 汚れが気になる部分には、おしゃれ着洗剤を塗布しスポンジで軽くたたく
    2. ファスナーやボタンを閉じる
    3. 風呂桶や洗面台にダウンジャケットが浸かるくらいぬるま湯(30℃程度)を張り、洗濯用洗剤を混ぜる
    4. 2〜3回押し洗いをする
    5. きれいな水を使用し、押し洗いの要領で2〜3回すすぐ
    6. すすいだらダウンジャケットを軽く押して水分を抜く
    7. 大きめのタオルにダウンジャケットを載せ、タオルで挟んで水分を吸い取る
    8. そのままダウンジャケットの水分がある程度なくなるまで乾燥させる
    9. 少し乾いたら形を整えてハンガーにかけ、完全に乾燥させる

    手洗いの場合は、脱水時に絞らないようにするのがポイントです。
    水分を取り除くためにダウンジャケットを絞ってしまうと、羽毛同士が固まってしまい型崩れしたり、空気を含みにくくなり保温性が失われてしまいます
    そのため、洗い終わったらタオルで挟むようにして水分を取り除きましょう

    ブランド品を高く売るならBRINGへ!

    最短5分で査定結果をお伝えします!
    まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


    4 ダウンジャケットの洗濯時によくある失敗

    ダウンジャケットの洗濯でよく起きる失敗が、洗った後に羽毛同士が固まってしまうことによる型崩れや、洗い残しによるシミです。
    4章では、それぞれの対処法をご紹介します。

    4-1 ぺちゃんこになってしまった場合の対処法

    ぺちゃんこになってしまった場合の対処法

    ダウンジャケットを洗ってそのままハンガーにかけると羽毛が固まり、ボリュームダウンしてしまうため、形を整えてから干すのがポイントです。
    また、ハンガーは針金を使用した細いタイプよりも、アウターやスーツ用の厚みのあるものを使うと型崩れ防止になります。

    【失敗しない乾かし方】

    1. 羽毛が偏らないように形を整える
    2. ハンガーにかけ風通しのよい日陰に干す
    3. 表面が乾いてきたら、軽くたたいて羽毛をほぐす
    4. 2〜3日かけて乾燥させ、湿気が残らないようにする

    ダウンジャケットを洗ったら、しっかり乾燥させましょう。水分が残っているとカビや嫌な臭いの原因になります。
    ダウンジャケットを乾かす際に、乾燥機を使う方法もありますが、素材が傷んでしまったり、縮んでしまう場合があるため注意が必要です。
    また、古くほつれがあるものは、乾燥機にかけることで中身が出てしまう可能性もあります。もし、どうしても乾燥機を使用したい場合は、生地が傷まないよう低温で乾燥させるようにしましょう
    ただし、縫い目のないシームレスダウンの場合、乾燥機にかけると接着面が取れてしまうことがあるため、自然乾燥するようにしましょう。

    4-2 洗い残しによるシミができてしまった場合の対処法

    洗い残しによるシミができてしまった場合の対処法

    洗い残しによるシミは、落としきれていなかった汚れや洗剤などが乾いてできるものです。もしシミができてしまった場合は、もう一度洗い直し、汚れや洗剤をしっかり落としましょう
    しかし、シミの状態によっては、洗い直しても完全に落ちないこともあります。もし、シミが残ってしまったらクリーニングへ出しましょう、

    ブランド品を高く売るならBRINGへ!

    最短5分で査定結果をお伝えします!
    まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


    5 ダウンジャケットは保管方法にも注意

    ダウンジャケットは保管方法にも注意

    ダウンジャケットを洗濯して収納する際には、湿気がこもらないようにしましょう。クローゼットに保管するなら、空気の通り道を塞がないようにゆとりを持って収納するのが大切です。
    隙間なくぎゅうぎゅうに詰めてしまうと、湿度が上がりカビの原因になります。
    また、湿気防止のために除湿剤を使用するのもおすすめです。吊るすタイプや置き型など保管場所に合わせた除湿剤を選びましょう。

    ブランド品を高く売るならBRINGへ!

    最短5分で査定結果をお伝えします!
    まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


    6 ダウンジャケットがなるべく汚れないように工夫しよう

    ダウンジャケットを着用する際、なるべく汚れないようにすればお手入れの手間も軽減されます。ちょっとした工夫で、汚れにくくなるのでぜひ実践してみてください。

    6-1 汚れやすい襟や袖に直接皮膚が触れないようにする

    汚れやすい襟や袖に直接皮膚が触れないようにする

    ダウンジャケットを全く汚さずに着るのは不可能ですが、汚れにくくする工夫をすることは可能です。

    【ダウンジャケットがなるべく汚れない方法】

    • マフラーや手袋をつける
    • インナーにタートルネックを着る

    ダウンジャケットの襟や袖部分は、皮脂や汗がつくため、とくに汚れやすいです。
    そのため、ダウンジャケットを着るときは、マフラーなどの防寒具をつけたり、インナーにタートルネックを着るなど直接肌に触れないようにする方法がおすすめです。

    また、テーブルに肘をつかないようにしたり、車など乗り物に乗る際はダウンジャケットを脱いでおくと汚れや擦れ防止になり、より長持ちさせることができます。

    6-2 大切なダウンジャケットはクリーニングがおすすめ

    大切なダウンジャケットはクリーニングがおすすめ

    手洗い可能なダウンジャケットであっても、自宅で洗濯すると素材を傷めてしまったり、手間がかかるデメリットがあるため、基本的にはクリーニング店を利用するのがおすすめです。

    【ダウンジャケットのクリーニング費用の目安】

    • 一般的なダウンジャケット:2,000円〜3,000円
    • 高級ダウン:8,000円〜10,000円

    とくに、羽毛が多く使われている高級ダウンは、自宅での洗濯では汚れが落としきれなかったり、完全に乾かすことができずカビが発生してしまったりするケースもあるため、プロにおまかせするのがよいでしょう。

    また、高級ダウン以外のアイテムは、買取額よりもクリーニング代が高くついてしまうケースも少なくありません。そのため、いらないダウンジャケットであれば、クリーニングに出さずに売ってしまうのもひとつの方法です。クリーニングに出さずに売る場合は、表面の汚れを軽く拭き取っておくとよいでしょう。
    いっぽう高価格帯のダウンジャケットの場合、目立つ汚れはクリーニングできれいにしてから買取を依頼した方が、買取金額が高くなることが多いです。ダウンジャケットの状態は査定額に大きく関わるポイントなため、汚れや臭いが気になるものは事前にクリーニングに出しておくのがおすすめです。

    もし、ダウンジャケットの買取をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひブランド古着専門店「BRING」へご相談ください。
    BRINGは経験豊富なバイヤーが多く在籍しているため、お品物の価値を見落とすこともありません。また、豊富な販売ネットワークを持っているため、相場以上の金額で買取が可能です。査定のみのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

    買取金額がアップするキャンペーンを期間限定で実施中ですので、この機会をお見逃しなく!

    ダウンジャケットの買取詳細はこちら

    ブランド品を高く売るならBRINGへ!

    最短5分で査定結果をお伝えします!
    まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


    7 ダウンジャケットの洗濯はポイントを押さえて失敗を防ごう

    本記事では、ダウンジャケットの洗濯について解説しました。この記事を簡単にまとめると以下のようになります。

    ダウンジャケットを自宅で洗濯するときにチェックしておくポイントは、

    • 洗濯表示に“洗濯機マーク”や“手洗いマーク”があるかを確認する
    • 水洗い不可マークのあるものは自宅で洗濯しない
    • ウール、シルク、ツイード、レザー、フェイクレザーを使用しているものはクリーニング店へ

    ダウンジャケットを洗濯するときのポイントは、

    • 優しく押し洗いをする
    • 破損防止のためファスナーやボタンは閉じる
    • 洗濯機で脱水したら放置せず、すぐに取り出す
    • 手洗いの脱水では、絞らずに水分を取り除く

    ダウンジャケットの洗濯でよくある失敗を防ぐためには、

    • 型崩れしないように形を整えてから干す
    • 太めのハンガーを使用して干す
    • 汚れが残らないのようにしっかりすすいでから乾燥させる

    ダウンジャケットの保管方法のポイントは、

    • ぎゅうぎゅうに詰めず、ゆとりをもって収納する
    • 湿気防止のため、クローゼットに除湿剤を置く

    ダウンジャケットの汚れを防止するには、

    • 防寒具を着用して、皮脂汚れがつかないようにする
    • 着用しているときに肘をつかない
    • 室内では脱ぐ

    ダウンジャケットのお手入れは面倒だと感じる方もいるかもしれません。しかし、着用後や着用前に洗濯しておくことで機能性を高めることができま。ぜひ、こちらを参考にダウンジャケットの洗濯をしてみてください。

    また、寒さが本格化し新しいダウンジャケットが欲しいと思う方も多いではないでしょうか?
    新しい洋服を購入するなら、ブランド古着専門店BRINGがおすすめです。モンクレールやカナダグースなど、ダウンジャケットの定番ブランドのアイテムを取り揃えております
    BRINGのアイテムは、東京や大阪を中心とした各店舗での購入や、楽天市場Yahoo!ショッピングなどのECサイトでの購入が可能です。お近くにBRINGの店舗がないという方でも利用できますので、ぜひチェックしてみてください。

    コメント

    ハイブランドの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!
    ハイブランドの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!