貨といっても大きく分けて数種類あります。まずは、欧米の富裕層がこぞって投資・コレクションしているという希少価値が高いもの。そして、過去に日本でも流通していた金貨、江戸時代の小判や一分判金、明治期の1円金貨など。これらはプレミア価格が付いていますから、ブランドリバリューで買取する場合、もちろん加味した上での価格を提示いたします。 次に、コレクション型といわれるもの。カナダのメープルリーフや南アフリカのクルーガーランドなどが有名ですね。こちらは、ケースに入った状態のいいものを除いて、地金と同じ扱い、つまり金の固まりとしての評価になります。 そして記念硬貨類。1991年発行「天皇陛下御即位記念」の10万円金貨が有名ですが、こちらは額面プラスアルファでの買取が可能です。一方で1986年発行の「天皇陛下御在位60年記念」10万円金貨の買取になると、額面を割った金額でしか不可能になります。この様に金貨といっても非常に種類が豊富なもの、この金貨の価値はどれぐらいだろう?そう思ったら、ぜひブランドリバリューへお持ちください!! 

他社の買取額と比較すると

アメリカンイーグル金貨 1オンス

※状態が良い場合や当店で品薄の場合などは 特に高価買取致します。

A社:123,915円

B社:120,002円

130,436

高価買取のポイント

  • POINT1

    豊富な知識量で高価買取が可能

    刻印なしの貴金属から本来は重さから引かれてしまうような、貴金属に宝飾されている宝石も高価買取!同時に鑑別書などのお品物を断定するような証明書をお持ち込み頂けると査定額UPにつながります。

  • POINT2

    デザインも考慮した高価買取が可能

    金の仏像や宝飾品などには、貴金属価値以外の製品価値、デザイン代も上乗せします。金製品は、大変希少で非常に人気がございます。そんな希少なお品物をBRANDREVALUEでは、デザイン代も上乗せし高価買取可能です。

  • POINT3

    相場に関係なく高価買取が可能

    金=重量×相場という固定概念を捨て、新たな価値、取引先を常に日々開拓することにより他社様には負けない高価買取が可能です。

金貨の査定の際にぜひお持ちいただきたいのは、購入時に同封されていた保証書や購入証明を含む付属品。
そのお品物の種類、購入時期等がわかればよりスムーズに査定を行うことができます。
付属品等は、購入当初についていたものが揃うほど、より査定金額が高くなります。
もちろん、付属品がなくてもお品物そのものの価値は変わりませんのでご心配ございません。
また長年ご愛用された事による欠損、経年劣化等がお見受けされるお品物でもかまいません。
専門のスタッフが拝見させていただきますので、お品物次第では、通常査定価格よりも更に高い査定価格のご提示も可能です。
手軽に利用できるLINE査定などもありますので、ぜひお気軽にご相談ください

買取実績

  • マン島キャット金貨 1/2オンス

    マン島キャット金貨 1/2オンス


    A社:65,075円
    B社:63,020円

    買取価格例

    68,500

    旅行先で購入したというマン島キャット金貨 1/2オンスをお買取りさせて頂きました。
  • アメリカンイーグル金貨 1オンス

    アメリカンイーグル金貨 1オンス


    A社:123,915円
    B社:120,002円

    買取価格例

    130,436

    海外で記念に購入したというイーグル金貨 1オンスをお買取りさせて頂きました。
  • アメリカン10ドルインディアン金貨

    アメリカン10ドルインディアン金貨


    A社:63,347円
    B社:63,212円

    買取価格例

    66,538

    祖父がコレクションしていたという10ドルインディアン金貨をお買取りさせて頂きました。
  • アメリカン20ドルリバティヘッド金貨

    アメリカン20ドルリバティヘッド金貨


    A社:126,672円
    B社:126,400円

    買取価格例

    133,052

    実家にしまってあったという20ドルリバティヘッド金貨をお買取りさせて頂きました。
  • ウィーン金貨1オンス

    ウィーン金貨1オンス


    A社:134,649円
    B社:131,873円

    買取価格例

    138,813

    昔に購入していたというウィーン金貨1オンスをお買取りさせて頂きました。
  • ツバルホース金貨 1/10オンス

    ツバルホース金貨 1/10オンス


    A社:13,421円
    B社:13,147円

    買取価格例

    13,836

    両親が持っていたというツバルホース金貨 1/10オンスをお買取りさせて頂きました。
  • 天皇陛下御即位記念10万円金貨

    天皇陛下御即位記念10万円金貨


    A社:130,150円
    B社:125,963円

    買取価格例

    137,000

    父親が記念に購入していたという天皇陛下御即位記念10万円金貨をお買取りさせて頂きました。
  • カルガリー五輪念金貨

    カルガリー五輪念金貨


    A社:31,980円
    B社:29,422円

    買取価格例

    33,663

    家の整理中に見つけたというカルガリー五輪記念金貨をお買取りさせて頂きました。
  • メープルリーフ金貨1オンス

    メープルリーフ金貨1オンス


    A社:136,730円
    B社:131,860円

    買取価格例

    138,800

    コレクションしていた金貨の一部だというメープルリーフ金貨1オンスをお買取りさせて頂きました。
  • イギリス ソブリン金貨

    イギリス ソブリン金貨


    A社:30,823円
    B社:30,758円

    買取価格例

    32,376

    イギリスに滞在中に購入したというイギリス ソブリン金貨をお買取りさせて頂きました。
  • オランダ ダカット金貨

    オランダ ダカット金貨


    A社:15,127円
    B社:14,815円

    買取価格例

    15,594

    お土産でもらったというオランダ ダカット金貨をお買取りさせて頂きました。
  • 中華人民共和国 パンダ金貨 1オンス

    中華人民共和国 パンダ金貨 1オンス


    A社:134,649円
    B社:131,873円

    買取価格例

    138,813

    祖父が持っていたという中華人民共和国 パンダ金貨 1オンスをお買取りさせて頂きました。

ブランドリスト

BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では独自の中古時計再販ルートを構築しているため、幅広いブランドの腕時計を高く査定し、買い取ることが可能となっております。
また、ブランド腕時計の買取において豊富な経験を積んだスタ ッフが在籍しており、故障した時計、電池切れで動かない時計、傷ついた時計等も価値を見落とすことなく最大限高く査定。

「他店で査定を断られたような時計が、BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では
驚くほどの高額買取の対象となった」
――そのようなことも全く珍しくはありません。

こんな状態でも買取致します!

■風防割れ

■ベルトのよれ、劣化

■文字盤焼け

その他:箱、ギャランティー、付属品無し、電池切れや故障による不動品でもお買取りいたします。

ブランドバッグ、時計、アクセサリーなど、幅広いお品物を買い取ります。

  • 前職は、営業としてメーカーに勤務しておりました。鑑定士を志すきっかけは、幼い頃からブランド品やジュエリーなどを扱う仕事に憧れを持っていたからです。鑑定士となった今、一番に意識していることは、お客様の笑顔です。お客様の笑顔こそが私たちの仕事のやりがいであり、大切な思い出となります。「また来たいな」と思っていただけるよう、今後も鑑定士としての腕を磨き、最高の接客でお客様をおもてなししたいと思います。BRAND REVALUEは、今までの買取店の概念を変える「高級サロン」のような内装、空間になっております。買取店が初めてというお客様も、ぜひ一度足を運んでいただけたらと思います。これからもお客様にご満足いただけるよう、スタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願い致します。ご来店、お問合せ心よりお待ちしております。

買い取り対応の基準 買い取り対応の基準

買い取り対応の基準

古い物、傷物も高く査定いたします!
傷のついたお品物、古くなったお品物も、コスト削減を徹底し高額買取りを
可能としているBRAND REVALUEでは水準以上の価格で査定しています。
「どうせ高くは売れないから……」とあきらめる前に、ぜひ一度ご相談ください。
動かなくなった時計やストラップが壊れたバッグなど、ワケあり品も高額に
査定できる可能性は十分にあります。もちろん査定自体は無料ですし、
1品あたり3分程度で終わります。宅配買取、出張買取も行っていますので、
こちらもお気軽にご利用ください。
カビがあっても買取OK
シミがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
持ち手が黒ずんでてても買取OK
キズがついてても買取OK
動いてなくても買取OK
劣化していても買取OK
刻印がなくても買取OK
少量でも買取OK
変形した金でも買取OK
キズがついてても買取OK
ベルトが破損してても買取OK
動いてなくても買取OK
デザインが古くても買取OK
デザインが古くても買取OK
壊れてても買取OK
鑑定書がなくても買取OK
主石がなくても買取OK

取扱いできないものについて

以下に当てはまるお品物は、残念ながら取扱いができない可能性がございます。予めご了承くださいませ。

  • 修復不可能な裂け目などができた財布、バッグ、衣類
  • 一部の古すぎるブランド時計
    (ただし、アンティーク品として高く査定できる場合もございます。詳細はご相談ください。
    また、動かなくなった時計も、テスターで検査した結果使用可能と判定されれば動くものと同等の価格となります)
  • 偽物と鑑定された商品
  • 非ブランド品のバッグ・アクセサリー等
  • 家電製品、登録証無しの象牙・刀剣類等、ブランド品・貴金属類以外のお品物

いずれにせよ、ご不明な場合には無料で査定をいたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 金・プラチナ 買取
  • 宝石 買取
  • 時計 買取
  • バッグ 買取
  • 洋服・毛皮 買取
  • ブランド財布 買取
  • 靴 買取
  • ダイヤモンド 買取
  • 骨董品 買取

その他買取可能なジャンル

【買取ジャンル】バッグ/ウエストポーチ/セカンドバック/トートバッグ/ビジネスバッグ/ボストンバッグ/クラッチバッグ/トランクケース/ショルダーバッグ/ポーチ/財布/カードケース/パスケース/キーケース/手帳/腕時計/ミュール/サンダル/ビジネスシューズ/パンプス/ブーツ/ペアリング/リング/ネックレス/ペンダント/ピアス/イアリング/ブローチ/ブレスレット/ライター/手袋/傘/ベルト/ペン/リストバンド/アンクレット/アクセサリー/サングラス/帽子/マフラー/ハンカチ/ネクタイ/ストール/スカーフ/バングル/カットソー/アンサンブル/ジャケット/コート/ブルゾン/ワンピース/ニット/シャツメンズ/毛皮/Tシャツ/キャミソール/タンクトップ/パーカー/ベスト/ポロシャツ/ジーンズ/スカート/スーツなど

当店の3つのポイント

都合に合わせて自由にチョイス!選べる3つの買取方法

  • 1: 宅配買取。送って連絡を待つだけ
  • 2: 出張買取。連絡して、自宅で待つだけ
  • 3: 店頭買取。連絡して、自宅で待つだけ
  • 1:無料ですぐにいただく 2:来店前に査定お見積り 3:来店で金額のお渡し

ご利用いただいたお客様の声

カエデの葉が大きくデザインされた金貨のペンダントを叔母からプレゼントされたのですが、本当に困りました。だってキズはたくさん入っているし、何といってもこんなデザインのアクセサリー付け様がありません。そこで、ブランドリバリューさんに相談したところ、金貨もペンダントの枠も全部買取ってくれるといいますから、ホッとしました。他にも、どこの国のものかわからない「dos pesos」と書かれたカフスもあるんです。今度また見てもらおうと思います。

鑑定士からのコメント

メイプルリーフ金貨のペンダント、今となっては身に付けられませんが、これバブル期にえらく流行ったんですよ。でも、金貨は人を裏切らないもので、どれだけキズが入ろうとも、メイプルリーフ金貨自体、24金としての価値は失われません。 「dos pesos」は恐らくメキシコの金貨をカフスに加工したもの。こちらは、金が90%含まれていますから、それに応じた価格での買取とさせていただきます。他にも多くの種類の金貨が存在いたします。ブランドリバリューならば、その金貨に応じた正当な買取価格を提示いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

地金、コインの購入は簡単に行うことが出来ます

  • 金は金貨としても使われることがあります。また何かの記念品で金貨を作成することもあり、一部のコレクターが好んで収集をしています。通常では金コインの購入方法は分からないと思いますので、どのように購入すれば良いか金貨の購入方法を知っておきましょう。

    金貨には収集型金貨と地金型金貨といわれる、2種類の金貨があります。収集型金貨は何かの記念硬貨として作成された金貨のことで、発行枚数が限られているため希少性がとても高いです。そのため、骨董価値や希少価値により、値段が様々となっている金貨のことです。そして地金型金貨は投資用の金貨のことです。

    双方ともにいえることは、金貨として作成はしていますが、通貨としては発行していないという点です。現在、地金型金貨については様々な国から色々と発行されているため、手に入れることは容易にできます。しかし、金地金の時価相当分にプラスアルファ分のコストを加算した値段で売買されます。このコストについては、発行国の造幣局で金貨を製造する際にかかる諸費用が含まれ、また購入の際にも消費税が含まれています。この地金型金貨を購入する理由として、資産運用の他に、それぞれの発行元となる国のデザインが施されていて、それを楽しむという点も挙げることができるでしょう。

    地金型金貨を購入する方法は、金を取り扱っている専門店で購入することができます。最近では、ネットでも購入は可能です。購入の際には、当日の小売価格を確かめてから購入をする必要があります。

    そして希望サイズを決めるのですが、一般的には5g、10g、20g、50g、100g、500g、1kgが基本です。取り扱う会社によっては希望するサイズで用意してもらえますので、このあたりは取り扱い会社に聞いてみると良いでしょう。ちなみに5gで購入した場合、現在であれば約2、3万で購入が可能となります。

    地金、コインの購入は、資産運用をする目的だけではなく、その国のオリジナルデザインが楽しめるといった点もあります。金の値段は未来的にも急に落ちることはありませんので、持っているだけでも安心感を与えてくれるでしょう。また小資金でも購入ができますので、購入を検討することをオススメします。

 

金のコインに資産価値はあるのか?

  • よく、「資産」としてコインを購入するという人がいますよね。資産価値として、のコインはどういった位置づけになるのでしょうか?気になります。

    金のコインとして、もっともよく知られているのが「メイプリーフ金貨」になります。これはカナダで発行されているコインで、純度9999の金を使用して作られているもの。コインの表面にメイプルの葉が描かれているのが特徴で、見た目的にも大変に美しいコインになります。こちらのコインは純金であることからも「資産価値が高い」としてよく知られ、実際に資産としてこのコインを持つ人も増えているそう。重量が4つに分けられ、自分の資産状況によって「どれを購入するか」を決められることも、人気に繫がっているようです。このメイプリーフ金貨のように、資産価値が高い金貨は確かに存在します。

    日本でも何かの折に記念金貨が発行されることがあります。有名なのは、天皇陛下即位の記念硬貨ですね。昭和天皇、今上天皇それぞれに記念金貨が発行されており、こちらを購入したという人も多いのではないでしょうか。この二つの金貨ですが、価格はそれぞれ10万円です。

    しかし、実は「金貨に含まれている金の含有率に違いがあり、このことが「資産価値」にも影響しますので、注意をしなければなりません。昭和天皇の記念金貨の場合、金の割合は20グラム。対して、今上天皇の記念硬貨では30グラムとなっています。10グラムの違いが買い取り価格に影響しますので、金貨を資産としてもつのであればこの点をきちんと踏まえておきましょう。

    資産としてコインをもつのであれば、「金だから」ということで何でもコインを購入するのではなく、「そのコインにどのくらいの金が含まれているのか、純度はどのくらいなのか」まで考えて購入されることをお勧めします。また、資産として持つのであれば「使わないこと、綺麗な状態のまま保存すること」も必須ですので、そういったことも心がけてみてくださいね。もちろん、「記念」として購入するのであればこの限りではありません。

 

金のコインの歴史について

  • まばゆい輝きが魅力の金は、世界中でコインの材料として使用されてきました。海賊が登場する映画などでも、海賊たちが金貨をザクザクと宝箱から掴んでいる様子を観たことがあるという方も多いでしょう。

    ヨーロッパでは、主に銀貨が用いられていました。それと言うのも、ヨーロッパでは金の産出がほとんどなく、金は大変希少なものだったからです。

    しかしながら、そんなヨーロッパにも金のコインが登場するようになります。それは、ビザンチン帝国との貿易によるものでした。当時のビザンチン帝国では金貨が使用されており、その影響でノミスマ金貨やディナール金貨が使用されていました。美しくて見栄えがよく腐食しない金は、硬貨としてふさわしいとされ、1252年にフィレンツェ共和国ではフローリン金貨が鋳造されました。さらにそれにつづけとばかりに、次々にジェノヴァ金貨やダカット金貨、そしてイギリスではペニー金貨などが鋳造されるようになりました。

    やがて17世紀になると、イギリスで本位貨幣制度が作られ、金と銀に刻印としてそれを保証するようになりましたが、1816年に制定されたイギリスの貨幣法によって、はじめて金本位制度が制定されました。この金本位制度とは、1ポンドの金貨を鋳造して、金を通貨価値の基準とした制度のことです。

    しかしながら、この金本位制は見事に崩壊し、現在にまで至ることとなりました。金のコインの歴史を調べれば、貨幣制度がどのように普及していったのかを知ることができるでしょう。

    現在では、アンティークコインは投資の対象となっています。希少価値が高いため、コレクターが多いのが特徴です。

    古代マケドニア王国で使用されていたステータル金貨や、古代ローマのソリダス金貨など、小さな金貨ですが、現在ではかなりの高値で売買されています。金のコインの歴史を調べて古代に思いを馳せながら、未来のために投資用のアンティークコインを探すのも、いいのではないでしょうか?

 

金のコインといえば、メイプルリーフ金貨!

  • でできたコインにもいろいろな種類がありますが、その中でも特に知名度が高く、信頼性が高いと言われておるのが「メイプルリーフ金貨」です。このメイプルリーフ金貨は、日本だけでなく世界で最も信頼できる金貨と言われるほどの価値があり、資産として金を所持したいと考えている人にはぴったりのコイン。

    なぜなら、このメイプルリーフ金貨はカナダ中央政府が保障を行っている通貨なので、国際的にも信用がとても高いのです。純度99.99パーセントという数値も、カナダ中央政府がきちんと保証している「メイプルリーフ金貨」だからこそ信用されるもの。その信頼は世界共通です。

    この「メイプルリーフ金貨」には表にはエリザベス二世の肖像画が、裏にはメイプルの葉が描かれており、金でできていることから美しいゴールドの色をしています。世界で最も流通している金貨なので、知名度も抜群。もちろん日本でも所持している人がたくさんおり、信頼性の高さから資産として持つにも最適です。

    とにかく、カナダという国がきちんとその価値を保証しているというのは最大の強みとなっていますので、「できるだけ信頼できるコインを購入したい」と考えている人にお勧めしたいです。

    「メイプルリーフ金貨」には4つの種類があり、一番大きくてお値段が高いものは1オンスとなっています。他の金がそうであるように「メイプルリーフ金貨」の価値も毎日変動しますので、できるだけ安く購入したい場合は毎日の価格を必ずチェックしてください。基本的に、一日の価格が大きく変動することは少ないですが、世界の為替相場などに大きな動きがあった場合は「メイプルリーフ金貨」の価格にも影響が出ることがあります。こういった事態にすぐに対応することができるように、できれば毎日の世界情勢や為替相場にも目を通しておくことをお勧めします。

    子供に資産を残したいと考えた場合、この「メイプルリーフ金貨」でも一部残しておくというのもいいかもしれませんね。

BRANDREVALUE 店舗案内