銀座で最高水準の査定価格・サービス品質をご体験ください。

あなたの大切な24金
どんな物でもお売り下さい!!

は慣習的に24を分母にした割合で、純度を表します。24金とは24/24つまり100%の純金を表しているのです。さて、24金は非常に柔らかいため実用には向きませんが、明治・大正期にはリングなどに盛んに加工されていました。ひらがなの「の」の様な形をした「純金」と刻印が入ったものがそれで、指にはめた後に変形させて、使っていたようです。 もちろん現代ではアクセサリーとして通用はしませんから、24金の固まりとしての評価となります。また、盃に加工された「金杯」もよく目にしますが、こちらも裏面に「純金」もしくは「K24」という刻印が入るのです。 しかし「24KGP」という刻印が入った紛らわしいものもあるのです。このGPは「Gold Plated」つまり金メッキの略で、貴金属としての価値はゼロ、「24KGF」は「Gold Filled」、金張りのものを指しており、こちらも貴金属としての価値はありません。他にも24金の様なものはたくさんあります。「ひょっとして……」と思ったら、ぜひブランドリバリューへご相談ください。

他社の買取額と比較すると

K24 インゴッドダイヤネックレス

※状態が良い場合や当店で品薄の場合などは 特に高価買取致します。

A社:52,000円

B社:51,000円

54,000

高価買取のポイント

  • POINT1

    付属品が揃っていれば買取UP

    ブランド名、モデル名が明確だと査定がスピーディに出来、買取価格にもプラスに働きます。また、新作や人気モデル、人気ブランドであれば買取価格がプラスになります。

  • POINT2

    おまとめ査定で買取金額UP

    数点まとめての査定依頼ですと、買取価格をプラスさせていただきます。

  • POINT3

    品物の状態が良いほど買取金額UP

    お品物の状態が良ければ良いほど、買取価格もプラスになります。

24金商品の査定の際にぜひお持ちいただきたいのは、購入時に同封されていた保証書や購入証明を含む付属品。
そのお品物の種類、購入時期等がわかればよりスムーズに査定を行うことができます。
付属品等は、購入当初についていたものが揃うほど、より査定金額が高くなります。
もちろん、付属品がなくてもお品物そのものの価値は変わりませんのでご心配ございません。
また長年ご愛用された事による欠損、経年劣化等がお見受けされるお品物でもかまいません。
専門のスタッフが拝見させていただきますので、お品物次第では、通常査定価格よりも更に高い査定価格のご提示も可能です。
手軽に利用できるLINE査定などもありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

買取実績

  • k24 コインジュエリー

    k24 コインジュエリー


    A社:145,500円
    B社:142,500円

    買取価格例

    150,000

    祖母から頂いたというk24 コインジュエリーをお買取りさせて頂きました。
  • k24 色石ダイヤネックレス

    k24 色石ダイヤネックレス


    A社:27,160円
    B社:26,600円

    買取価格例

    28,000

    お使いになっていなかったというk24 色石ダイヤネックレス をお買取りさせて頂きました。
  • K24 インゴッドダイヤネックレス

    K24 インゴッドダイヤネックレス


    A社:52,000円
    B社:51,000円

    買取価格例

    54,000

    祖父から頂いたというK24 インゴッドダイヤネックレスをお買取りさせて頂きました。
  • k24 ダイヤネックレストップ

    k24 ダイヤネックレストップ


    A社:40,000円
    B社:39,000円

    買取価格例

    42,000

    遺品整理の際でてきたというk24 ダイヤネックレストップをお買取りさせて頂きました。

ブランドリスト

BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では独自の中古時計再販ルートを構築しているため、幅広いブランドの腕時計を高く査定し、買い取ることが可能となっております。
また、ブランド腕時計の買取において豊富な経験を積んだスタ ッフが在籍しており、故障した時計、電池切れで動かない時計、傷ついた時計等も価値を見落とすことなく最大限高く査定。

「他店で査定を断られたような時計が、BRANDREVALUE(ブランドリバリュー)では
驚くほどの高額買取の対象となった」
――そのようなことも全く珍しくはありません。

こんな状態でも買取致します!

■風防割れ

■ベルトのよれ、劣化

■文字盤焼け

その他:箱、ギャランティー、付属品無し、電池切れや故障による不動品でもお買取りいたします。

ブランドバッグ、時計、アクセサリーなど、幅広いお品物を買い取ります。

  • 前職は、営業としてメーカーに勤務しておりました。鑑定士を志すきっかけは、幼い頃からブランド品やジュエリーなどを扱う仕事に憧れを持っていたからです。鑑定士となった今、一番に意識していることは、お客様の笑顔です。お客様の笑顔こそが私たちの仕事のやりがいであり、大切な思い出となります。「また来たいな」と思っていただけるよう、今後も鑑定士としての腕を磨き、最高の接客でお客様をおもてなししたいと思います。BRAND REVALUEは、今までの買取店の概念を変える「高級サロン」のような内装、空間になっております。買取店が初めてというお客様も、ぜひ一度足を運んでいただけたらと思います。これからもお客様にご満足いただけるよう、スタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願い致します。ご来店、お問合せ心よりお待ちしております。

買い取り対応の基準 買い取り対応の基準

買い取り対応の基準

古い物、傷物も高く査定いたします!
傷のついたお品物、古くなったお品物も、コスト削減を徹底し高額買取りを
可能としているBRAND REVALUEでは水準以上の価格で査定しています。
「どうせ高くは売れないから……」とあきらめる前に、ぜひ一度ご相談ください。
動かなくなった時計やストラップが壊れたバッグなど、ワケあり品も高額に
査定できる可能性は十分にあります。もちろん査定自体は無料ですし、
1品あたり3分程度で終わります。宅配買取、出張買取も行っていますので、
こちらもお気軽にご利用ください。

カビがあっても買取OK
シミがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
ダメージがあっても買取OK
持ち手が黒ずんでてても買取OK
キズがついてても買取OK
動いてなくても買取OK
劣化していても買取OK
刻印がなくても買取OK
少量でも買取OK
変形した金でも買取OK
キズがついてても買取OK
ベルトが破損してても買取OK
動いてなくても買取OK
デザインが古くても買取OK
デザインが古くても買取OK
壊れてても買取OK
鑑定書がなくても買取OK
主石がなくても買取OK

取扱いできないものについて

以下に当てはまるお品物は、残念ながら取扱いができない可能性がございます。予めご了承くださいませ。

  • 修復不可能な裂け目などができた財布、バッグ、衣類
  • 一部の古すぎるブランド時計 (ただし、アンティーク品として高く査定できる場合もございます。詳細はご相談ください。 また、動かなくなった時計も、テスターで検査した結果使用可能と判定されれば動くものと同等の価格となります)
  • 偽物と鑑定された貴金属
  • 非ブランド品のバッグ・アクセサリー等
  • 家電製品、ブランド品・貴金属類以外のお品物
  • 鼈甲、登録書のない刀剣類、登録書のない象牙

いずれにせよ、ご不明な場合には無料で査定をいたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 金・プラチナ 買取
  • 宝石 買取
  • 時計 買取
  • バッグ 買取
  • 洋服・毛皮 買取
  • ブランド財布 買取
  • 靴 買取
  • ダイヤモンド 買取
  • 骨董品 買取

その他買取可能なジャンル

【買取ジャンル】バッグ/ウエストポーチ/セカンドバック/トートバッグ/ビジネスバッグ/ボストンバッグ/クラッチバッグ/トランクケース/ショルダーバッグ/ポーチ/財布/カードケース/パスケース/キーケース/手帳/腕時計/ミュール/サンダル/ビジネスシューズ/パンプス/ブーツ/ペアリング/リング/ネックレス/ペンダント/ピアス/イアリング/ブローチ/ブレスレット/ライター/手袋/傘/ベルト/ペン/リストバンド/アンクレット/アクセサリー/サングラス/帽子/マフラー/ハンカチ/ネクタイ/ストール/スカーフ/バングル/カットソー/アンサンブル/ジャケット/コート/ブルゾン/ワンピース/ニット/シャツメンズ/毛皮/Tシャツ/キャミソール/タンクトップ/パーカー/ベスト/ポロシャツ/ジーンズ/スカート/スーツなど

当店の3つのポイント

都合に合わせて自由にチョイス!選べる3つの買取方法

  • 1: 宅配買取。送って連絡を待つだけ
  • 2: 出張買取。連絡して、自宅で待つだけ
  • 3: 店頭買取。連絡して、自宅で待つだけ
  • 1:先に郵送いただく 2:来店前に査定お見積り 3:来店で金額のお渡し

ご利用いただいたお客様の声

家の仏壇で長い間使っている「おりん」、棒で打つ、ちーんというのがあります。ある日気になって、よく見てみると裏側に「K24」と菱形の中に1,000の刻印、ひょっとして?と思ってブランドリバリューさんに持っていきました。すると、思った通り24金。重さは300gといいますから……金額を考えると、なぜあんなに人の目に触れるところに置いておいたのか、ぞっとしたのです。 今回は私の一存で決められませんから売却は見送りましたが、儲けにもならないのに親切に対応していただき、ありがとうございました。

鑑定士からのコメント

2.5寸、やや小ぶりなおりん、その色を一目見た途端に24金ではないかと思いましたが、やはりそう。普通は金庫などにしまっておくもののはずですが、仏壇の前に出しっぱなしとは、何とも豪気なご家庭ですね。もしも、特に思い入れのないものならば、ぜひブランドリバリューへお譲り頂きたかったのです。 今は、金の相場も高値で安定しています。売り時だと思いますので、ぜひご検討いただければと思います。そんな場合も、ぜひブランドリバリューへ!!

24Kの概要まとめ

  • ■24Kの概要:金属としての特徴

    24Kとは、なんの混じり物もない純粋な金、いわゆる「純金」になります。金本来の性質である「薄く伸ばせる延性が高い(1グラムあたり3000メートル伸ばすことが可能)」、「酸化しない(空気中でも水中でも同じ。ただし王水(濃塩酸と濃硝酸の混合)には溶けて塩化金酸となる)」といった金属製特質が顕著になります。

    また、その希少価値は非常に高く、金銀銅とよく3つの金属をセットにしますが、金の価値はほかの二つと比較にならず、金は銀の70~100倍の相場で動くことがほとんどです。

    日本にもまだまだ金が取れる場所は残っており、中でも名高いのが鹿児島県伊佐市には、日本最大の金鉱山「菱刈鉱山」です。特筆すべきはその金鉱石に含まれる金の含有量の高さです。鉱石1トン中に含まれる平均金量が、世界の主要金鉱山の平均が約3~5グラムなのに対し、「菱刈鉱山はなんとその10倍の約30~40グラムという高品質な金鉱石が採石されています。現在も住友金属鉱山によって、年間に約7トンの金を産出しているといわれています。またこの鉱石には銀や銅といった成分も含まれています。

    この鉱石から金を、銀や銅などのほかの金属と分離し、金粉末に加工した後、ショット金(大きさ約2~3ミリの粒状に加工)やインゴットに加工されることになります。この加工の段階で日本のようにクリーンルームで他の金属が混じることを防ぐことができないと、純度が低くなることになります。

    ■24Kの概要:取扱いにおいて注意したいこと

    純金である24Kは、水や空気に触れても変色せず、酸にも強いので、専用ボックスに入れて保管している分には特に気を遣うことはないのですが、もし身に着けたり、部屋のインテリアに飾ったりする場合には衝撃を与えないように注意する必要があります。

    また、意外と盲点になるのですが、金は熱伝導が高い金属です。24K、あるいは24Kに近い指輪やピアスをつけたまま、サウナなどの熱い場所に長時間いることは、炎症の原因になりかねないため注意しましょう。

 

24K素材で人気商品!として評判が高いアイテムは?

  • ■ジュエリー、アクセサリー

    日本では一部のブランドを除き、24金、いわゆる純金をジュエリーに使用することはほとんどありません。しかし、インドや中近東など、金のジュエリーが「携帯できる資産」としての意味を持つ側面のある国々では、伝統的に金といえば純金を指します。その名残で現在でも24Kに極めて近い純度のアクセサリーが主流になっています。

    とはいえ、日本でもやはり24K、純金のジュエリー、アクセサリー類をつけたいという人は多く、金の喜平タイプチェーンのネックレスは、まだまだ男性にはあこがれの評判の高いアイテムのようです。このチェーンネックレスからもわかるように、24Kのジュエリーというものは、贅沢にたっぷりと地金を使った、重みのあるタイプのものが多くなっています。このように作りががっしりしている場合は、純金製であっても特に変形しやすいなどのトラブルはそれほど起きることも少なくなります。

    なお、金は世界主要都市で取り引きされ国際的な金融商品でもあります。日本でも金の買取をお願いできる場所が増えてきましたので貯金代わりに24Kのアイテムを手に入れておくこともよい貯蓄方法です。ちなみに金価格は、金そのものの価格と、ドル建てから円に換算する時の為替差益の影響を受けることを覚えておきましょう。簡単に言えば円高になると国内価格は下落し、円安になれば上昇します。

    ■ジュエリー、アクセサリー以外で評判が高いアイテム

    24Kを一般的に目にする機会が多いアイテムといえば、まずは金貨になるでしょう。世界で最も流通している金貨「メイプルリーフ金貨」は、カナダにて発行される金貨になります。そのコイン名の通りに、裏面にカエデの葉が浮き彫りされています。一番大きいサイズは「1オンス」となり、直径は30ミリメートル、重さは31.1gにもなります。

    コインのほかには、延べ棒、インゴットの形で財産として保有されたり、風水アイテムのような縁起担ぎの置物が人気商品です。