純金積立のメリット・デメリット|やめとけと言われる理由を解説

純金積立のメリット・デメリット|やめとけと言われる理由を解説

安全性の高い資産として人気な金ですが、その中でも注目を集めているのが「純金積立」という資産運用です。少額で始められて管理面の負担も少なく、資産が少ない方でも始めやすい資産運用のひとつです。

ただしあくまで金融商品のため、メリットばかりではありません。中には「純金積立はやめとけ」という声も一部上がっているため、始める前にあらかじめリスクは押さえておきましょう。

そこで本記事では、純金積立のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


1 純金積立とは?

純金積立とは、純金を継続的に購入して資産として積み立てていく手法のことです。純金積立には、毎月決まった金額を支払う「定額積立」、一定の重量を定期購入する「定量積立」などの種類があり、少額からの積立が可能なので低コストで始められるのが魅力です。状況に応じて「スポット購入」もできるので、自分のタイミングでの設定が可能です。

純金積立は証券会社や銀行などの運営会社で契約し、口座が開設されたら基本的にはその金融機関が積み立てた純金を購入・保管します。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


2 純金積立のメリット

純金積立のメリット

純金積立で資産運用するメリットには、以下の4つが挙げられます。

  • 「ドルコスト平均法」で価格変動リスクを低減できる
  • インフレ等の影響を受けにくく価値が安定している
  • 金の管理面における負担が少ない
  • 現物で受け取ることも可能

上記4点について、以下で詳しく解説します。

2-1 「ドルコスト平均法」で価格変動リスクを低減できる

ドルコスト平均法は、価格変動リスクを低減するための効果的な手法です。前述の通り純金積立には「定額積立」「定量積立」「スポット購入」があります。その中で毎月決まった金額で購入する「定額積立」の場合、ドルコスト平均法により金価格が高い時は少量の金を、安い時は多量の金を購入することが可能になります

このように購入価格を平均化することで、価格変動リスクを低減できるのが純金積立の魅力です。

2-2 インフレ等の影響を受けにくく価値が安定している

一般的な投資先である株式や国債は、世界経済が混乱に陥ると価値が下落しますが、純金積立をはじめとした金投資は金そのものを保有しているため、有事の際も価値が安定しています

実際に、新型コロナウイルスの蔓延やウクライナ情勢により世界情勢が混乱している中で、金の相場は記録的な値上がりを続けています。こうした値動きは現物資産ならではの強みであり、金を有事の際の資産として保有する投資家も多くいます

2-3 純金の管理面における負担が少ない

純金積立で購入した金は、基本的に契約した運営会社に管理してもらいます。自分で貸金庫を借りたり、銀行の貸金庫に金を保管するなど面倒な手続きもありません。盗難のリスクも回避できるので安心です。

2-4 現物で受け取ることも可能

積み立てた純金を受け取る際には、運営会社によっては現金化のほかにも金地金や金貨などの現物として受け取れるケースがあります。金貨で受け取る場合、カンガルー金貨やメイプルリーフ金貨、ウィーン金貨ハーモニーの中から好きなものを選ぶことができることもあります。

最終的にどのような形で利益を得たいかを考慮したうえで、契約する運営会社やサービスを検討するといいでしょう。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


3 純金積立のデメリット|やめとけと言われる理由

純金積立のデメリット|やめとけと言われる理由

純金積立は価格変動のリスクを軽減できる、自分で管理しなくていいなどのメリットがあります。しかし一方で、以下3点のデメリットなどを理由に「純金積立はやめとけ」という声も少なからず挙がっています。

  • 利子や配当金がない
  • 年会費や手数料が必要
  • 短期運用には向いていない

純金積立を始める際には、あらかじめ上記のリスクを押さえておきましょう。それでは、以下で詳しく解説します。

3-1 利子や配当金がない

株式投資の場合は保有株数に応じて配当金や分配金をもらえるケースがあり、金融機関に預金した場合は預金額に応じた利息を受け取れます。しかし純金積立は、そのような利子や配当金などのインカムゲインを受け取ることができません

そのため全体的な利回りは他の投資方法と比べて低い傾向にあり、利子や配当金などを希望する方には、純金積立は向かないといえるでしょう。

3-2 年会費や手数料が必要

純金積立では、基本的に積立購入手数料や年会費などのコストが発生します

購入手数料の細かい内訳は運営会社によって異なりますが、購入金額の数%がおおよその目安となります。運営会社によってはスポット購入であれば手数料無料というケースもあるので、複数の運営会社を比較したうえで、あらかじめランニングコストをシミュレーションしておきましょう。

3-3 短期運用には向いていない

純金積立は価値が安定していることから長期運用に向いていますが、価格変動が比較的小さいため短期間で多くの利益を出したい方には向かない投資方法です。短期間で多くの利益を得ようとする場合、膨大な量の純金を購入する必要があります。運用を開始する際は、長期運用を前提とした計画を立てるのがおすすめです。

高額売却ならお気軽にご相談ください

お持ちのお品物の価値
最短でお答えいたします

お持ちのお品物の価値最短でお答えいたします!


4 純金積立はリスクを抑えて安全にコツコツと資産を増やしたい方におすすめ

純金積立は少額から始められるので、投資初心者やリスクを抑えてコツコツと資産を増やしたい方におすすめの資産運用です。純金積立を検討されている方は、本記事で紹介したメリット・デメリットをあらかじめ把握しておくことが大切です。また運営会社によってサービス内容や手数料が異なるので、純金積立をはじめる前によく確認しておきましょう。

ブラリバでは、ホームページにて毎日金の買取相場価格を更新しています。最近は値上げを続けている金ですが、いつどのタイミングで動向が変わってもおかしくありません。「金の買取を検討している」「常に金相場の動向をチェックしたい」という方は、以下のページを定期的にチェックしてみてください。

>>本日の金の買取相場価格はこちらをチェック!

金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!
金・貴金属の高価買取ならブラリバにおまかせください!