ヴィンテージとは?古着やアンティークとの違いについても徹底解説

最近フッション用語としてよく耳にする「ヴィンテージ」という言葉をご存知でしょうか?ヴィンテージと呼ばれるかつての時代の服や小物は、現代のデザインとは異なる独特の雰囲気をもち、新品とはまた違った楽しみ方ができると、人気を集めています。

また、ほかにも「アンティーク」や「古着」などヴィンテージと同じ意味合いで使われる言葉もあるため、ややこしいと感じる人も多いでしょう。

そこで今回はヴィンテージの意味や、ヴィンテージと似た言葉との違いなどについて詳しく解説していきます。この記事を読めば、ヴィンテージへの理解が深まること間違いなしです。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


1 ヴィンテージ(Vintage)の意味とは?魅力も紹介

ヴィンテージ(Vintage)の意味とは?

「ヴィンテージ」は、もともとワインの価値を表す言葉として使われていましたが、現在では年代物の洋服家具などに用いられています。また、最近ではレトロブームも相まって、ファッション関連のアイテムにヴィンテージが使われることも多くなっています。

ヴィンテージ品は、特定の年代や時代に多く使用されているデザインやスタイルが採用されており、高い品質と希少性から高値がつくものもあります。ただし特定の年代といっても正確な定義はなく、一般的には製造から30年以上100年未満経過しているのものに多く使われています。ただ古いだけのものはヴィンテージにはならないので、注意が必要です。

ヴィンテージの概要について解説したので、以下ではヴィンテージの魅力についてご紹介します。

ヴィンテージの魅力① ヴィンテージ品ならではの味がある

ヴィンテージ品は、使い込まれた風合いを楽しめるのが大きなポイントです。

ヴィンテージ品の時間の経過による自然な風合いや、自分に馴染んでいくような変化を続ける風合いは、新品では味わえません。たとえばデニムであれば、経年劣化による染料の色落ち具合を楽しむことができます。長い年月が経っているからこそ出る素材の深みを感じられるのは、ヴィンテージ品ならではです。

ヴィンテージの魅力② 人と被りにくい!希少性と質の高さ

ヴィンテージ品は、一点ものとしての高い価値もひとつの魅力です。

バイヤーが買い付けたヴィンテージ品は一般的なファッションアイテムとは異なり、めったに見られません。ヴィンテージ品は、当時のトレンドを反映した珍しいデザインのアイテムが多く、オリジナリティあふれるコーディネートを楽しめます。とくにハイブランドのものは人気が高く、服好きからコレクターまで幅広い人から支持されています。

さらに、ヴィンテージ品は上質な素材が使用されていることが多いため、しっかりお手入れをすれば長く使い続けることができます。このような魅力の詰まったヴィンテージ品は、人とは違った個性的なスタイルを求める人にぴったりです。

ヴィンテージの魅力③ ハイブランドアイテムがお得に購入できる場合もある

ヴィンテージ品であればグッチやセリーヌなど、普段はなかなか手を出しにくいラグジュアリーブランドでも、お得に買えることもあります。たとえば、セリーヌのバッグは安くても10万円前後からのものも多いですが、ヴィンテージ品のオールドセリーヌであれば、5万円ほどから購入することができます。レトロな品のある風合いが特徴のオールドセリーヌは、近年のレトロブームも相まって、10代〜20代の若い女性から注目されています。

お得に買えるヴィンテージ品ですが、デザインや状態によって値段が異なる点には注意が必要です。すでに廃盤になっているアイテムの場合、現行品に比べて流通量が少ないため、状態があまりよくないものが販売されている可能性もあります。

もともとの価格が高めなハイブランドのヴィンテージを購入する際は、商品の状態や価格を事前にしっかりチェックしておきましょう。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


2 ヴィンテージと間違えやすい用語との違い

ヴィンテージと間違えやすい用語(アンティーク・古着)との違い

ヴィンテージと混同されやすい言葉といえば、アンティークや古着などがあります。この章では、これらの用語とヴィンテージの違いについて説明していきます。

2-1 ヴィンテージとアンティークの違い

ヴィンテージとアンティークは、製造してから現在までに何年経過しているかによって分けられています。この違いは、アメリカで制定された通商関税法の定義が由来といわれています。また、経過年数の違いはあれど、どちらも質の高いものとして認められているのに変わりはありません。

  • ヴィンテージ:製造から30年〜100年未満経過したもの
  • アンティーク:製造から100年以上経過したもの

    アンティークはもともとフランス語で骨董品や古美術という意味で、アンティーク家具のような主に芸術性の高いものに使用されることが多い言葉です。しかし、衣類やアクセサリーなどに使われることもあるため、ヴィンテージと混同しやすく誤って使われることも珍しくありません。

    2-2 ヴィンテージと古着の違い

      ヴィンテージと古着は、いずれも誰かが一度着用したものを指します。広く捉えればヴィンテージも古着といえるため、”ヴィンテージ古着”と呼ばれることも増えています。

      しかし、ヴィンテージは一定の期間が経過しており、品質が保たれているものを指します。いっぽう古着はUsed(ユーズド)とも呼ばれ、たとえ新品の衣類であっても一度袖を通したものは古着に分類されます。

      2-3 ヴィンテージとデッドストックの違い

      ヴィンテージと混同しやすいデッドストックという言葉があります。デッドストックとは、古着のように誰かが着用したものではなく、新品のまま保管されていたものを指します。

      デッドストックは長期間倉庫で保管されるため、流行遅れの商品が多い傾向にあります。また、生産数が限られているアイテムの場合、価値が高まり高額で取引されることも少なくありません。

      このようにヴィンテージと同じような意味をもつ言葉がいくつかありますが、厳密にはそれぞれ異なった意味合いとなることを理解しておきましょう。

      ブランド品を高く売るならBRINGへ!

      最短5分で査定結果をお伝えします!
      まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


      3 ヴィンテージ古着の定番ブランド3つ

      ヴィンテージ品を取り入れたスタイルは最近のファッションのトレンドになっています。中でも、人気ブランドのヴィンテージ品は長年にわたって愛され続けています。

      本章では、ヴィンテージの魅力を存分に楽しめる、定番ブランド3つをご紹介します。

      3-1 ヴィンテージマニア必見の「リーバイス」

      ヴィンテージマニア必見の「リーバイス」

      リーバイスのヴィンテージの中でもとくに人気なのは、やはりデニムアイテムです。定番の501505シリーズのストレートデニムは、シンプルで着こなしやすいアイテムとして人気です。リーバイスのデニムは、鉱夫向けの作業着として作られた丈夫な作りになっており、その耐久性の高さも多くの人から愛され続けている要因のひとつです。

      またリーバイスのヴィンテージデニムにはブランドの歴史が詰まっています。たとえば1970年代中頃まで使用された天然インディゴ染料による独特できれいな色落ちや、腰部分に付けられていたバックルバック、ステッチの補強のための股リベットなど、その時代だったからこそできたデザインが魅力です。

      3-2 スニーカーからアパレル商品も魅力的な「ナイキ」

      スニーカーからアパレル商品も魅力的な「ナイキ」スニーカーのイメージが強いナイキですが、ヴィンテージアパレルも人気を集めています。ナイキのアパレルは、オーバーサイズでぬけ感やこなれ感を楽しむことができ、男女問わず幅広い層から支持されています。

      ナイキではとくに、スウェットパーカーロゴTシャツ、トラックジャケット、ジャージなどカジュアルに着こなせるアイテムの人気が高いです。ナイキのアパレルアイテムは、ヴィンテージならではのきれいな色使いや、年代ごとに違うタグのデザインなど異なるディテールを楽しめるのも魅力です。

      3-3 人気アイテムのフリースといえば「パタゴニア」

      人気アイテムのフリースといえば「パタゴニア」パタゴニアのフリースは、通気性や軽さなどの優れた機能性、着心地などが評価され高品質で長く着続けられるアイテムとして人気を集めています。また、パタゴニアのフリースは冬季には欠かせない定番アイテムとして注目されており、カラーバリエーションが豊富です。

      さらに、パタゴニアのアイテムは製造された年代によってデザインタグが異なるので、細部にこだわって楽しむことができます。そのためヴィンテージのパタゴニアはファッショニスタだけでなく、コレクターからの人気もあります。フリースのほかにもプルオーバーベストなどのアイテムも、フリースとはまた違った雰囲気を楽しめるのでおすすめです。

      ブランド品を高く売るならBRINGへ!

      最短5分で査定結果をお伝えします!
      まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


      4 ヴィンテージアイテムはどこで買える?

      ヴィンテージアイテムはどこで買える?

      この章では、ヴィンテージアイテムを扱うおすすめの購入先を紹介します。ヴィンテージアイテムをどこで購入するのか迷っていた人は、ぜひチェックしてみてください。

      4-1 ヴィンテージ品専門店やリユースショップ

      ヴィンテージアイテムは主に、ヴィンテージ品専門店リユースショップなどで購入することができます。これらの場所では、アパレルアイテムやバッグ、靴、アクセサリーといったさまざまなヴィンテージ品が取り扱われているので、思わぬ掘り出し物に出会うこともできます。
      ヴィンテージ品はものによって使用感傷みなどが異なることも多いので、店舗で実物を確認して購入するのがおすすめです。

      4-2 ヴィンテージ品専門の通販サイト

      店舗に行く時間が取れない人や、店舗に行くのが面倒だという人は、ヴィンテージ品専門店リユースショップなどの通販サイトを利用するとよいでしょう。
      大手企業が運営している通販サイトであれば、熟練のバイヤーによる査定を行った商品の販売をしているので安心して利用できます。また、商品の状態なども添付の画像などでしっかり確認できます。

      4-3 フリマアプリやネットオークション

      ヴィンテージアイテムを購入できる場所は専門店以外にも、フリマアプリネットオークションなどたくさんありますが、中には偽物を販売しているところもあるので注意が必要です。

      フリマアプリの場合、プロのバイヤーではなく個人コレクターが販売していることも少なくありません。フリマアプリなどの個人コレクターによる価格設定は、ヴィンテージ品本来の価値より高い場合もあるため、購入する際は信頼できる大手企業が運営しているサイトで、販売価格をチェックしておくとよいでしょう。

      4-4 ヴィンテージ品のことならBRINGにおまかせ!

      ヴィンテージ品のことならBRINGにおまかせ!
      ヴィンテージ品を買うなら、ブランド古着買取販売店「BRING」へお越しください。今回ご紹介したヴィンテージアイテムの定番ブランドのリーバイスやナイキなどの商品も取りそろえています。また、BRINGでは店舗での販売・買取以外にも、楽天などのECサイトでの販売もしています。店舗に行くのが難しい場合には、ぜひこちらをご利用ください!

      さらに、BRINGはリーバイスのデニムやジャケット、バンドTシャツなどヴィンテージアイテムの買取も行っています。使わずにしまい込んで忘れていたアイテムはBRINGにお持ちください!今なら査定額アップキャンペーンも実施中です。電話相談はもちろん、LINE査定も受け付けていますので、この機会にぜひご利用ください。

      ブランド品を高く売るならBRINGへ!

      最短5分で査定結果をお伝えします!
      まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


      5 ヴィンテージとアンティーク・古着との違いは年数や着用歴にある

      ヴィンテージ品は今までにない魅力的な風合いとデザイン、そして一点ものの価値があるため多くの人々から支持されていますが、ヴィンテージ品を購入するには新品とは異なるいくつかの注意点手間があります。ヴィンテージ品専門店やオンラインのショップなど、購入できる場所は多岐に渡りますが、信頼できる販売元を選ぶことが大切です。

      長く身に付け続けたいと思うヴィンテージアイテムを見つけて、ヴィンテージならではのおしゃれに挑戦してみてください。

      あなたが持っている服、今いくらになるか知っていますか?

      あなたが持っている服、今いくらになるか知っていますか?

      BRINGでは豊富な知識と経験を持つバイヤーが、お客様の大切なブランド古着を高価買取いたします!
      お問合せ方法は、電話やメール、LINEから選択可能。買取にかかる手数料はすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

      コメント

      ハイブランドの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!
      ハイブランドの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!