一級品のハンドワークを誇る「ラリースミス」とは 市場価値に迫る。

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【1】至高のインディアンジュエリー ラリースミスとは

ラリースミスはネイティブアメリカン、インディアンの文化や精神、物づくりの姿勢をリスペクトした新進気鋭のインディアンジュエリーブランドです。

1-1 ネイティブアメリカンの伝統を日本の技術で昇華させたラリースミス

ラリースミスは2009年に林田吉史氏によってスタートした新進気鋭のインディアンジュエリーブランド、1880年代から1940年代のネイティブアメリカンが作り出していたジュエリーからインスパイアされ、なおかつ林田氏の感性、日本人の技術力によってオリジナルに仕上げられています。

ネイティブアメリカンとはアメリカの先住民族であり自然や動物とともに共存していたからこその伝統、風習があり当時から作り出されていたジュエリーには「魂」が込められています。その魂をラリースミスは受け継ぎ伝統的な技法手法をベースにインディアンジュエリーを生み出します。

インディアンジュエリーには欠かせない羽や天然石を使用し、シルバースミスである林田氏によって洗練されたデザインに繊細なスタンプワークが施されることで独自の魅力を引き出します。

1-2 デザイナー、シルバースミスこと林田吉史

シルバースミスとは銀細工職人、銀製または金製の物を製作する職人です。

林田氏自身もネイティブアメリカンの聖地まで赴き、現地での交流をすることで本場に触れ、なおかつ独学で得意とするスタンプワークを学びシルバースミスとなりました。全てを経験したことでこのブランドが成り立っていると考えると素晴らしいの一言に尽きます。

今後もこのスピリッツでたくさんの素晴らしいアイテムが生み出されていくのが楽しみでなりません。

1-3 ラリースミスのブランドアイコン KAZEKIRI FEATHER

出典:LARRY SMITH

ラリースミスのアイコン的アイテムになっているKAZEKIRI FEATHERは、イーグルの風切羽(かぜきりば)から由来されており、人間の「手のひら」にあたる、翼の最も外側に位置し推進力を得るという飛行に最も重要な役割を果たす羽となっています。

ラリースミスではそれを「未来を切り開く」という意味合いも込めてこのKAZEKIRI FEATHERが造られています。そんなブランドアイコン以外にも様々な特筆すべきアイテムがたくさんあります。

それらをカテゴリーごとに一部ご紹介していきます!

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【2】ラリースミスのアイテムに迫る定番アイテム5選

今回はカテゴリーごとにアイテムをご紹介しラリースミスの物つくりに触れて頂きたいと思います。
手作業で繊細に作られたものや得意のスタンプワークが成されたもの。特別に作られた1点物も多く存在します。

2-1 インディアンジュエリーの醍醐味「フェザー」

出典:CHECKER-BLOG

ネイティブアメリカンにとってフェザー羽は神聖なものであり、羽は太陽に一番近い「鳥」に欠かすことが出来ないことから飛躍など様々な意味合いが込められます。
インディアンジュエリーにおいて羽は代名詞でもあるため最もこだわりの詰まった作品が生まれます。

ラリースミスのこだわりを見て行きましょう。

出典:LARRY SMITH

カゼキリフェザーの他にも無論通常のプレーンフェザーなるものもあり、先の部分に18Kのイーグルの頭が溶接されたイーグルヘッドタイプのフェザーも有名アイテムの一つです。

こちらのタイプはコインシルバーを使用しているため純粋なシルバー925の素材とは違いくすみのある風合いが特徴でもあります。ネイティブアメリカンのコインを溶かして銀細工をしていた文化をそのままインスパイアしたラリースミスらしいこだわりの詰まったアイテムです。

出典:LARRY SMITH

フェザーから少しそれますが様々なモチーフのネックレストップが毎回リリースされます。こちらは、クロスではありません。決して十字架のモチーフではないのです。

ドラゴンフライ・・・すなわちトンボです。
トンボは生命なる水の象徴であり、戦いで鉄砲に当たらないように。という祈りも合わせて込められています。

2-2 スタンプワークが光る「ブレスレット」    

出典:CHECKER-BLOG

バングルだけでもこんなにも種類があります。それぞれスタンプワークの形状が異なりますし表情が違います。もちろん手作業で作られますから盤の形も様々です。細めもあれば太めもあり、さらにはモチーフに合わせた曲線もあり、見ているだけでも楽しい作品が揃います。

出典:LARRY SMITH

ラリースミスの醍醐味といえばワンオフ作品の数々。こちらもその一つでスタンプワーク、ハンマーワークが施され1点物の価値を見出します。
唯一無二の表情が織りなすハンドメイドは今後も刮目です!

バングルもよいですがブレスレットも欠かせません。

バングルにはスタンプワークが施され、一点一点風合いが異なるのが特徴的ですが、こちらのブレスレットは日本の伝統「結び」がイメージされ、チェーンと留めが結びのようにシルバーで接合されています。

こんなにも綺麗なクオリティーを保つのはアイテムに妥協がない証拠でもあります。

2-3 繊細な技術が再現された「リング」

出典:CHECKER-BLOG

どれもハンドメイド感漂う、しかしどことなく綺麗な作品ばかりです。これらは全てラリースミスのトランクショーで出揃った作品でワンオフ物がメインとなります。
インディアンジュエリーの製法を完全再現されていますが、見た目はどことなく現代に近い。それがラリースミスの魅力として再現されています。

出典:LARRY SMITH

リングもブレスレット同様ハンドワークが施された様々なアイテムが存在しますが、ネイティブアメリカンには欠かせない天然石~ターコイズ~を使用したアイテムもこのようにあります。

こういった一見スタンダードなアイテムでも丁寧にスタンプワークが施されるため納期は数か月要するようです。

ラリースミスにおいてすべてのアイテムに魂がこもり、一点一点丁寧に製作されることから、全てにおいて評判の高いクオリティーが実現されるというわけです。

2-4 レザークラフトも一級品「レザー」

出典:LARRY SMITH

ネイティブアメリカンの多くに使われる丈夫なサドルレザーが使われた定番トラッカーウォレットに装飾が施されたアイテム。ラリースミスのウォレットはオイルをしっかりとしみこませ、作製されます。

ベルトにもかなりのこだわりが詰まっており、アメリカのレザークラフトで製作され、ヴィンテージ感漂うエイジング加工もなされています。
アメカジ好きにもピンポイントに刺さるスタッズ加工が堪らないです。

2-5 豪華絢爛な上品さ「ゴールドアイテム」

ラリースミスのゴールドは18Kが使用され、綺麗なイエローゴールドが特徴的です。
シルバーの無骨なイメージからゴールドに変わることで一気にラグジュアリーな高級志向へと変わります。

イーグルヘッドだけには飽き足らず全金のフェザーも少量生産されています。

特別にオーダーされた方にしか手に入れることができない希少性も兼ね備えています。
ゴールドは年月を追うごとにその価値を高めていることからぜひとも手に入れたい志向の一点です。

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【3】シルバースミスの芸術品ワンオフアイテム3選

様々なアイテムをご紹介しましたが一番の醍醐味は、オーダーされたお客様にのみ特注で作られるワンオフアイテムの数々。
中には名前を彫られたものや、普段のリリースアイテムには珍しい唐草彫りを施したものなど、ワンオフならではの作品が目立つのが特徴的です。

そういったアイテムはオーダー期間を多く要したり、中古市場にも出回りづらい事が難点ではありますが、そのくらい希少性の高いアイテムとなります。
当店OneStyleでも数々入荷してきましたが、ワンオフ物は例外なくすぐにマニアのもとへと飛び立っていきます。

今回は過去に入荷したスペシャルアイテムをご紹介していきます!

3-1 究極の豪華唐草「ハンドメイドレザーベルト」

同じものは2つとないと言い切れる究極のワンオフアイテム。カンの一つ一つに唐草彫りが彫られています。
オーダーに半年以上かかったとされておりその手の込みようはアイテムを見れば一目瞭然です。
こんなに手の込んだアイテムを見れるのは非常に稀で定価もさることながら中古市場でも高額で取引されました。

3-2 これでもかとシルバーを使い込んだ「ハンドメイドレザーウォレット」

続いてこちらも完全なるワンオフ作品のひとつです。
同じように唐草の盤が取り付けられ、さらにはゴールドのローズがつけられています。
カスタムされたウォレットも通常販売されていますがここまで豪華な装飾は他にありません。

3-3 完全オリジナルで作りこまれた「ハンドメイドメダル」

こちらも傑作アイテムのメダルです。

何もなかった通常のメダルに繊細に彫りが加えられ、なおかつローズの花がカスタムされます。
先ほどのウォレットについているローズとは表情も異なり、花の形状もリアルに再現されています。

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【4】著名人もその虜に。芸能人着用アイテムはこれ!

まだ現状知名度がそれほど高いブランドではないため、世間的な認知度はやや低いものの、芸能人の中でもアクセサリーフリークな方や流行に敏感な方々はすでにラリースミスを取り入れております。

今回は特出して有名芸能人の方のスタイリングを見ていきましょう。

4-1 B’z 稲葉浩志さん

B’zの稲葉さんんといえば日本においてクロムハーツで右に出る者はいないくらいの、クロムハーツに認められた素晴らしい方ですよね。
そんな稲葉さんもラリースミスを着用されています。

クロムハーツを専門的に扱う我々からするとどことなく嬉しく思えます。

このタイプのブレスを雑誌やその他様々な場所で着用されメディアに出演されています。
他にもカゼキリフェザーなどのネックレスも着用されており、ファンの中では有名なようです。

4-2 3代目JSB山下健二郎さん

3代目JSBの山下健二郎さんもラリースミスユーザーの一人です。
メンバー内でもゴローズ、クロムハーツの着用率が高いことから人と被らないラリースミスをチョイスしたとかしてないとか・・・。とはいえ雑誌などでも着用が目立つのでご紹介させて頂きました。

気になる着用アイテムは、18K POINT KARAKUSA MEDAL
シンプルに一点付け。雑誌のスタイルにも合わせルードボーイを演出されています!男らしいスタイルにメダルの一点付けは相性も良く、格好よく決まります。

今後は芸能人の着用も増えてくる可能性が大いに高いブランドの一つです。
注目しましょう。

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【5】バイヤー厳選!売却するならこの3つ!

今回はレギュラーアイテムから特注アイテムまで一通りご紹介してきましたがどんなアイテムがレアなのか、どういったものが高値で取引されているのか。そんなところまでフォーカスしてご紹介していきます。

これからご購入される方はどんなアイテムがレアななのか把握しておくことも重要ですし、今お持ちでその希少なアイテムが箪笥の肥やしとなってしまっているという方は、これを機に整理し直してみてはいかがでしょうか。

5-1 根強い人気の「イーグルヘッドフェザー」

まずはイーグルヘッドフェザー。おさらいしますと

18K EAGLE HEAD PLAIN FEATHER L

イーグルヘッドがポイントのこちらのフェザーは中古市場では買取5万円以上(20215月現在)で取引されイーグルヘッド関連は18kがポイントとなり、シルバーとゴールドのコントラストが良いことから根強い人気を誇り、カゼキリタイプのフェザーは一部完売となっている希少性の高いアイテムになりつつあります。

中古市場で取引されることで重要な一つとしてメジャーであること、人気であることは欠かせません。
アイコンの一つでもあるフェザーはそれに該当しますので買取も常時強化中で御座います。

5-2 一気に上級者「セットアイテム」

出典:fixer shop

ラリースミスではコンビネーションでの提案もされていてカスタムセットを買えばそのまま楽しめます!
そのため中古市場での需要も高く、中古買取価格で5万円以上の値が付きます。
シルバーブランドでも定価の半分以上の値が付けば比較的価値の高いアイテムとなります!

5-3 唯一無二の芸術「ワンオフアイテム」

先ほどからも常々ご紹介してきましたが特注品はレギュラーアイテムに比べ群を抜いて市場価値が高騰します。
中でもラリースミスは特注品、1点物の販売が多いブランドですので割とお持ちの方も多いのではないでしょうか?

先ほどもご紹介したこちらの特注ベルトは彫りなどが施されていることから大変希少なアイテムで、中古買取価格も20万円を超えました!
このように手が込んでいればいるほどその付加価値は最大限まで上がります。
今後どのような動向をみせるのか楽しみです。

アクセサリーブランドの買取実績はこちら

【6】まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介しました内容が

  • ラリースミスの歴史
  • ラリースミスの各アイテム
  • 一点物であるワンオフアイテムについて
  • ラリースミス着用芸能人
  • ラリースミスの中古買取価格

についてです。

ラリースミスとは2007年にシルバースミスである林田氏により誕生し、ハンドワークのクオリティの高さ、ネイティブアメリカンと現代のアクセサリーの融合により瞬く間に知名度を広げました。

今ではコア層に絶大な支持を得ており国内国外問わず人気を誇っています。
ブランドアイコンでもあるカゼキリフェザーをはじめ、ワンオフアイテムが人気を博し芸能人や、アクセサリー好きの様々な方に支持を得ていますね。

ペンダントトップ、ブレスレット、リング、レザー全てにおいて高い技術力、ハンドワークの虜になる方が急増してもおかしくありません。

今回はラリースミスのご紹介に加えて、買取についてのご案内もさせて頂きました。
買うもよし、売るもよし。そんなところでしょうか。

ラリースミスの買取につきましては、インディアンジュエリーを専門的に扱う、OneStyleプロペラ通り店をお勧め致します。

OneStyleプロペラ通り店

150-0001
東京都渋谷区神宮前4-28-26
03-6434-5907
OPEN 12:00~20:00

goro’sをはじめとしたインディアンジュエリーブランド、TADY&KINGLARRY SMITH、鷲見太郎などを数多く扱います。

常に高額買取をモットーにお客様に寄り添う形で接客や査定をしている姿が印象的です。
今後はラリースミスを特に力を入れて取り扱うということですから買取査定額に関しても期待大です!

ラリースミスの買取にも特化しておりインディアンジュエリー全般はこちらの店舗をお勧め致します。
足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回も最後まで拝読頂きありがとうございました。

 

 

 

 

あなたが持っている服、今いくらになるか知っていますか?

新しい服に買い替えたいけどお金が無い…
有名買取ショップに持って行ったけど買取金額が安かった…
買った金額以上になればと思い無理して買ってしまったものがある…

実際にこんな悩みをお持ちのお客様が私たちのもとに沢山いらっしゃいます。

そんなお悩みを解消するため、当社では4つのことに力を入れています。

・最新の買取相場を把握し、高額買取を実現
・査定にかかる手数料は手数料はすべて無料
・お問い合わせ方法は電話やメール、LINEから選択可能
・最短5分でお客様がお持ちいただいたアイテムを査定

以下のボタンから最新の買取実績を確認することができますので、ぜひご覧ください。

コメント

ブランド古着の販売&高価買取はBRING
ブランド古着の販売&高価買取はBRING