玄人受け抜群!ラグジュアリーバッグブランドのゴヤールを徹底解説!

今世界中でエルメス、ルイヴィトンに並び人気を集めているラグジュアリーバッグブランドのGOYARD(ゴヤール)。日本ではルイヴィトン程の知名度はまだなく、新しいブランドと思われがちですが160年以上の歴史を誇るフランスの老舗ブランドなんです!

オーダーメイドによるトランクはセレブレティーの間でステータスシンボルとされてきたラグジュアリーブランドです。なぜ今までゴヤールはそこまで日本で有名ではなかったのか、そしてどういったブランドで何故今人気を集めているのか。
この記事ではラグジュアリーバッグブランドのゴヤールについてご紹介させて頂きます!


1 最も古い歴史を持つメゾンブランドGOYARDの歩み

まず初めにそもそもゴヤールというブランドがどういったブランドなのかということについて、その歴史と共にご説明させて頂きます!

1-1「メゾン・マルタン」というブランド名でフランスで創業

GOYARD(ゴヤール)はフランスを代表するメゾンであり、とても長い歴史を持つブランドです。その歴史の始まりはなんと1792年まで遡ることになります。

ピエール・フランソワ・マルタンが創業した「メゾン・マルタン」が今のゴヤールの発祥でした。ゴヤールの歴史は現在のゴヤールというブランド名が生まれるさらに前から始まっていたのです!

メゾン・マルタンは旅行用のトランクや梱包用の箱を作るメーカーとしてフランスで生まれたのですが、トランクというと同じフランスの老舗ラグジュアリーブランドのルイヴィトンが思い浮かびますよね?ルイヴィトンもかなり古い歴史がありますが、しかしゴヤールの前身であるメゾン・マルタンの創業は、なんとそのルイヴィトンの創業よりも100年近くも前のことなのです!

1-2 フランソワ・ゴヤールが会社を引き継いだタイミングでブランド名がメゾンゴヤールへ変化する

後継ぎのいなかったメゾン・マルタンの創業者マルタンは後継者にルイ・アンリ・モレルを迎え入れます。
そのマルタンから会社を受け継いだルイ・アンリ・モレルはパリで最大のトランクブランドへとモレル社を急成長させます。そのルイ・アンリ・モレルに弟子入りしたのがフランソワ・ゴヤールという人物でした。

このフランソワ・ゴヤールこそ現在のブランドゴヤールの創業者でした。その後、このフランソワ・ゴヤールがブランドを受け継ぐことなり、1853年現在の「メゾン・ゴヤール」が誕生したのです! 

1-3 100年以上使用されている素材「ゴヤールディン」を開発

このゴヤールのの功績として、その最も最たる例としては、100年以上経った現在でもなお使用されている素材、ブランドの顔となっている「ゴヤールディン」という生地を生み出したことです!

このモチーフは樹木を意味するシンボルとしてゴヤール家と人類の歴史を表現しているということのようです。このリネン、コットン、麻からなる、ウォータープルーフ(防水)のキャンバス地はトランクのキャンバス地として使用され、耐久性と耐水性に優れた素材としてトランクの品質を大幅に向上させました!

当時は他のトランクメーカーはリネンのみを使っていたのに対して、ゴヤールディンはコットンと麻で織られたキャンバス地に天然塗料を重ねることでレザーのようなしなやかなキャンバス素材へと仕上げたのです。

耐久性が高いのに柔らかい、さらに撥水性もあったゴヤールディンは当時としては革新的な素材だったのです。ちなみにこのゴヤールディンの製造工程というのは門外不出の技法となっていて、詳細な手法というのは一切公開されていません。あえて間口を狭くすることで、ブランド価値を高めるというイメージ戦略により「限られた人のみが手にすることが出来るブランド」それでこそ本当のラグジュアリーブランドだと思わせる事です。


2 GOYARD 5つの人気の理由

前章でご紹介した通り、とても古くからの歴史のあるゴヤールですが、2020年の現在でもラグジュアリーバッグブランドとして世界中から支持を集めています。
そんなゴヤールが人気を得ている理由が大きく5つあります!

この章ではその5つの理由に関して、詳しくご紹介させて頂きます。 

2-1 全て職人の手作業による芸術的なほどのクオリティ

まず1つ目が全て職人の手作業による芸術的なほどのクオリティです!
ゴヤールのアイテムはその全てが熟練の職人の手作業で制作されていることで有名です。

その中でも特に驚くべきことが、先程ご紹介したゴヤールの特徴的な生地、ゴヤールディンに使用されている
アルファベットのYをモチーフとしたヘリンボーン(杉綾模様)柄も、一つ一つ職人の手によって描かれているのです!

URL:http://quiet-life.info

画像でよく見てみると確かに11点の点の形がそれぞれ異なっており、これを全て手作業で行っていると考えると膨大な時間がかかっていることがお分かりかと思います。

またゴヤールでは既製品も特注品も顧客一人ひとりが特別な存在という理念をもっており、並外れた基準と品質を誇る製品はすべて、ゴヤールの刻印を押され発送される前に絶えず検査されているようです。
シリアル番号にまで行き届き、トランクの修理や修復が必要な場合に備えて一つ一つ管理されています。まさに一生ものと呼ぶに相応しいアイテムで、それを考えると高額な金額というのにも納得できますね!

2-2 多彩なカラーバリエーション

2つ目が多彩なカラーバリエーションが挙げられます! 

ルイヴィトンや、グッチなど他のラグジュアリーブランドもモノグラム柄を使用していますが、ここまでバッグ自体のボディとなる生地のカラーバリエーションが豊富なブランドは他にありません!
同じパターンの柄でもカラーが変わるだけでかなり印象が変わりますよね?

このカラーバリエーションの多さで、自分で好きなカラーを選択することが出来るという点で年齢、性別にかかわらずファン層を拡大していっています! 

2-3 自分好みにカスタム可能なオリジナル性

3つ目が自分好みにカスタム可能なオリジナル性です!
ゴヤールのアイテムに自分で決めたイニシャルをペイントすることができるというサービスがあり、これは「マーカージュ」と呼ばれています!

入れたい文字、文字のフォントやカラーの組み合わせ、ゴヤールディンの生地のカラー、そしてストライプの有無や配置場所などを自由にカスタマイズして、オリジナルのデザインを生み出すことが出来るのです!
しかも、このマーカージュのサービスは単なるプリントではなく、ゴヤールディン同様、職人が全て手作業でペイントを行っているのです!

こういったイニシャルペイントのサービスというのは他のブランドでも期間限定のサービスとして行っていたりしますが、ここまで自由かつオリジナリティを持つことが可能なのはゴヤールだけと行っても過言ではありません!誰とも被ることがない、世界で一つだけのゴヤールのバッグを手に入れることが出来るというのはがゴヤールというブランドの魅力なのです!

画像のようにゴヤールのオフィシャルサイトでは、自分の好きなデザインの組み合わせを試すことが出来るので、興味がある方は一度試してみてください!

2-4 徹底した販売間口の管理によるブランディング

160年以上の歴史を誇る老舗ブランドであり、輝かしい経歴のゴヤールですが、なぜか日本では知名度が高くありません。日本でも人気の高いラグジュアリーブランドのルイヴィトンが挙げられますが、ルイヴィトンもゴヤールもトランク職人が作ったラグジュアリーブランドでモノグラム柄がトレードマークと二つのブランドの類似点は多くあります。

80年代に爆発的な人気を博したルイヴィトンはバブル期を象徴するハイブランドとしても取り上げられ、日本で知らない人はいない程です。しかしルイヴィトンはここまでの知名度があったにも関わらず、ゴヤールは正直日本ではルイヴィトン程の知名度はありませんでした。

というのもゴヤールは、あえて有名にならなかったブランドなのです!ゴヤールを富裕層に特化したブランドし、ゴヤールのアイテムを所有する事がすなわちセレブレティー、成功の証という図式を富裕層の間で定着させることをさせ、あえて販売間口を限定しブランディングを行っているのです!

2-5 ストリートからキレイ目まで幅広く対応可能なデザイン性

4つ目の理由としては、ストリートからキレイ目まで幅広く対応可能なデザイン性です!ラグジュアリーブランドでありながら、現在のファッションのトレンドであるストリートファッションにも相性抜群で、そのため国内外の様々な芸能人、アーティスト、ファッションアイコンと呼ばれる方々が多数愛用しています!

ASAP ROCKY(エイサップロッキー)

 

URL:https://pausemag.co.uk

KANYE WEST(カニエウェスト)

URL:https://www.pinterest.jp

VIRGIL ABLOH(ヴァージルアブロー)

URL:https://www.reddit.com

 PHARRELL WILLIAMS(ファレルウィリアムス)

URL:https://www.hotsalesnow.ru

BIG SEAN(ビッグショーン)

URL:https://urdressingroom.com

URL:https://www.highsnobiety.com

NIGO(ニゴー)

URL:http://beka.uz/instock.aspx


3 厳選代表アイテム5

次はゴヤールのアイテムの中でも特に人気の高いバッグの代表アイテムをご紹介させて頂きます!

ゴヤールの代名詞モデル 「St Louis (サンルイ)

URL:https://stockx.com

このサンルイはゴヤールの最も有名なモデルで、ゴヤール人気を世に広めたモデルと行っても過言ではありません!ショッピングバッグ型のトートバッグのモデルで、カジュアルにもキレイ目なスタイルにも対応可能な、まさにゴヤールの王道バッグです!

またサンルイは、以前まではPMGMという2パターンで展開されていましたが、2018年より新たにXXLサイズが加わり、3種類で展開されています!

  • XXL

2018年から展開が始まった最も大きいサイズです。

寸法:
高さ 42センチ
63センチ
長さ 20センチ
重さ 562g

  • GM

以前までは最大サイズでしたが、現在は真ん中のサイズです。

高さ 32センチ
52センチ
長さ 18センチ
重さ 330g 

  • PM

高さ 27センチ

47センチ

長さ15 センチ

重さ 280g

ビジネスシーン向けの「Ambassade(アンバサデ)

URL:https://stockx.com

ブリーフケース型で、普段使いも可能ですがどちらかというとスーツ等に合わせてビジネスシーンでの活用が可能なモデルです。

リバーシブルで使える「Amjou(アンジュ)

URL:https://stockx.com/ja-jp/

パット見は定番モデルのサンルイと違いはほとんどありませんが、リバーシブルで使用できるようになったモデルです!裏面は無地仕様となっており、気分での使い分けが可能な一つで2度おいしいアイテムです。

メッセンジャータイプの「Belvedere

URL:https://stockx.com/ja-jp 

小ぶりショルダータイプの「Urbain

URL:https://stockx.com  

2型ともショルダー、メッセンジャー型のモデルで、近年のストリートファッションのトレンド的には小ぶりのショルダータイプがトレンドなことから、ストリートファッションと合わせての愛称が抜群なモデルです!


4 購入するなら2次流通のブランド専門店がおススメ!その3つの理由

最後にゴヤールを実際に購入する際のお店選びに関してです。高級ブランドであるゴヤールは購入出来る場所は多岐に渡り、選択肢は数多くありますが、その中で筆者は「2次流通のブランド専門店」での購入を強くお勧めします!
何故そんなにおススメするのか?それにはしっかりと明確な3つの理由があります!

4-1 定価は超高額!2次流通だからこその圧倒的なコストパフォーマンス

まず1つ目の理由は何といっても2次流通だからこそ実現できる圧倒的なコストパフォーマンスです!

先程もご紹介した通り高級ブランドであるゴヤールはその品質、デザイン性はそのもちろんお墨付きですが、その商品の金額も超高額となっています。新品のバッグを購入しようと思えば、数十万円はザラにかかってしまいます。

しかし2次流通では、そんな超高額な定価から比べ圧倒的に買いやすい金額で販売されているアイテムが数多くあります!状態に関しても程度の良い物や新品同様の物も多く、ゴヤールのアイテムがこんなにお得に購入出来るのかというそのお値段が2次流通での購入の一番の魅力です!

4-2 専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力

2つ目は専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力です!ここで、安く買えるし2次流通ならどこで買っても良いという訳ではありません!ゴヤールはその人気の高さ、高額な商品の値段により定番モデルのサンルイを初めとした人気モデルは特に偽物、フェイク品が大量に流通しています。

ここでゴヤールの偽物に関して、その特徴とチェックすべきポイントを軽くご紹介させて頂きます。

  • ヘリンボーン(杉綾模様)のドットの数

URL:https://brand-kanteishi.com

ゴヤールの最も特徴的、アイコニックなヘリンボーン(杉綾模様)柄から判別することが可能です!先程もご紹介した通り、この模様は全て職人による手作業で描かれており、ある一定の規則性をもって描かれています。

画像の通り、白い点に注目してみるとパット見は全て同じ様に見えますが、実は11個の点、9個の点、11個の点という規則的なパターンで描かれていることがわかります!偽物の場合はこの杉綾模様の点が全て同じであったり、数がバラバラになってしまっています。

  • 革部分の縫い付け

次に注目するポイントは縫い目の部分です!画像をよく見てみると左の方の本物は取っ手部分の根元まで糸がきており、しっかり縫われているのに比べて、右の方の偽物は縫い目が雑で取っ手部分の根元まで糸が届いていません。 

偽物を見分けるポイントを簡単にご紹介させて頂きましたが、これはあくまで一部に過ぎません。また、偽物やフェイク品も日々進化しており、上記のポイントを踏まえた完成度の高い偽物も存在しており、一般の素人の方が完全に見分けることが難しいのが正直なところです。

特にヤフオクやメルカリ等の個人売買や、総合リサイクルショップ等のファッションブランド品に特化していないお店はこれらの偽物が特に多く、そこでの購入は絶対におススメしません。

その点ファッションブランド品に特化した専門店では、商品の仕入れ、買取時に専門知識を持ったバイヤーが一つ一つその商品を細かく検品、真贋を行っている為、そこで扱われている商品は安心して購入することが可能なのです!

4-3 限定アイテムや特注アイテムまで幅広く揃う商品ラインナップ

3つ目は限定アイテムや特注アイテムまで幅広く揃う商品ラインナップです!限定物やレアなアイテムも直営店では瞬く間に完売してしまい、滅多にお目にかかることは出来ません。

しかし2次流通のブランド専門店の場合は、その商品ラインナップや可能性は無限です!過去に発売され、即完売してしまったレアなアイテムや最新のアイテムまで数多くの商品が並んでいます!ある意味では直営店を越える商品、ラインナップもおすすめする大きな理由なのです!

弊社BRINGではそんな3つの要素を全て兼ね備えるショップとして、皆さまに自信を持ってモンクレールのアイテムをご提供させて頂いております!


6 まとめ

いかがでしたでしょうか。

フランスの最も古い歴史をもつラグジュアリーバッグブランドであるゴヤールについてご紹介させて頂きました。
その伝統的ブランドの側面も持ちつつ、現在のファッションシーンでも人気な理由についてもご理解頂けましたでしょうか。この記事のおさらいをすると、ゴヤールというブランドがそもそもどういうブランドか

  • 「メゾン・マルタン」というブランド名でフランスで創業
  • フランソワ・ゴヤールが会社を引き継いだタイミングでブランド名がメゾンゴヤールへ変化する
  • 100年以上使用されている素材「ゴヤールディン」を開発

また、GOYARD 5つの人気の理由は

  • 全て職人の手作業による芸術的なほどのクオリティ
  • 多彩なカラーバリエーション
  • 徹底した販売間口の管理によるブランディング
  • ストリートスタイルにも似合うファション性

GIVENCHYのデザイナー「リカルド・ティッシ」の就任でラグジュアリーストリートブランドへ進化した。影響力の高いファッションアイコンや海外セレブが多数着用している。

またゴヤールの購入を考えた際は2次流通のブランド専門店がおススメで、その理由は

  • 定価は超高額!2次流通だからこその圧倒的なコストパフォーマンス
  • 専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力
  • 限定アイテムや特注アイテムまで幅広く揃う商品ラインナップ

となっています!

ラグジュアリーバッグブランドでありながら、ストリ―トファッション好きからも支持されるブランドとなったゴヤール。

この記事が意外と知らないゴヤールというブランドを知るきっかけとなってくれたらうれしいです!

自分が持っている服、今いくらになるか知っていますか?

新しい服に買い替えたいけどお金が無い…
有名買取ショップに持って行ったけど買取金額が安かった…
買った金額以上になればと思って買ってしまったものがある…

実際にこんな悩みをお持ちのお客様が私たちのもとに沢山いらっしゃいます。

そんなお客様に満足してもらいたいと思い弊社は4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。