超人気ダウンブランド、カナダグースの魅力、人気の理由を徹底解説!

出典:https://sakidori.co/article

朝晩と肌寒い日がでてきました。
冬が近づいてきているのを感じている方も多いのではないでしょうか?
コートやダウンをタンスから出し始める方もいらっしゃるかと思います。そんな、冬に活躍するコートやダウン!!

皆さん、こちらのロゴご存じでしょうか?
『カナダグース』です!ご存じの方も多いのではないでしょうか!数年前から日本でも大人気のブランドです。

日本よりはるかに寒いカナダで生まれ、その機能性や、デザインからセレクトショップで取り扱いが始まり、大人気となりました。

冬の街中で、1度は目にした事があるのではないでしょうか。
そんな大人人気ブランド『カナダグース』いったいどのようなブランドで、なぜ人気なのか?また、その機能性やデザインは本当にいいのかをこの記事で知っていただき、是非今年の冬のアウターに『カナダグース』を検討頂ければ幸いです!

目次

購入はコチラ

1・意外と知らない!?60年の歴史を持つカナダグース

2000年前半に日本で流行り始めたカナダグース。
その歴史は、意外にも古く1957年に起業への熱い情熱を燃やす一人の裁断師によりスタートします!

彼の名前は『サム・ティック』(以下:サム)は、アパレルの裁断師を仕事としておりましたが、いつか自分でデザインしたブランドの服を自分の意志で作りたいと熱く思っていたそうです。
そんなサムは、1957年カナダのトロントに移住し、小さな倉庫でその一歩を踏み出します。

1-1 創業者サム・ティックの情熱から生まれたカナダグースの原点

カナダのトロントで小さな倉庫を借り、サムは自分でデザインしたウールのベストや、レインコート、スノーモービルウェアなどを専門とするMetro Sportswear Ltd.(メトロスポーツウェア)を立ち上げます。

これが、カナダグースの前進となる会社設立のスタートです。

サムはカナダのトロントで、スノーモービルウェアを中心とし作成し、販売していきます。
なぜスノーモービル専門かといいますと、カナダのトロントの平均気温は下記になります!

・・・夏の気温も24℃までしか上がらないので、暑いのが苦手な人にとっては、非常に住みやすい気候では無いでしょうか!
ただ、寒いのが苦手な方には少し寒すぎる気温ではあります。

出典:https://schoolwith.me/areas

夏は気温が30℃上がる日もあるようですが、1年を通し非常に過ごしやすいそうですが、冬は少し寒さが厳しいようです!
そんな、寒さの厳しい地域で生まれたメトロスポーツウェア。機能性は詳しく後の章でお話いたしますが、寒さへの防寒性は折り紙付きです!

そんな中、メトロスポーツウェアにも転機が起こります。
サムの義理の息子、デーヴィット・リース(以下:デーヴィット)の入社です。

1-2 カナダグースの前進『スノーグース』設立

デーヴィットの入社により、メトロスポーツウェアに一つの転機が訪れます。
それは、大容量の生産にも対応できる充填機(じゅうてんき)の発明です。この充填機とは『充填』=ビンや缶、ボトルなどの容器に内容物を詰める作業のことを言います。

簡単に言えば、ダウンを詰める機械の発明です。

そんな、大容量にも対応する充填機の発明により、メトロスポーツウェアの新時代をデーヴィットは築きます!
この革新的な発明により、多くのスポーツウェアに革新を起こしたデーヴィットは後に『カナダグース』となる『スノーグース』を設立します!

1-3『メイドインカナダ』へのこだわり!登山家などの偉業を支えた技術力

デーヴィットが入社後は様々な研究や実験を重ね極寒地で活躍する多くの方へ向けた製品を作成していきます。
その代表的な製品が、『ビッグレッド』と呼ばれるアイテムになります。

1980年には、極寒地でのデータを活かし、南極マクマード基地に滞在する研究者のニーズに答えたエクスペディション(登山、探検などの遠征や遠征隊向けに)パーカーを開発します。

この一着はアイコニックな赤色から上記のようなネーミングで極寒地で着用するアウターの定番となります!

出典:https://www.2ndstreet.jp/knowbrand

又、1982年にはメトロスポーツウェアが製造した特注のパーカーを着用したローリー・スクレスレットが、カナダ人として初めてエベレスト登頂を達成します!
このパーカーは、『ビッグマウンテン』の愛称で大人気となり、2011年には「スクレスレットパーカー」という名称で販売されます。

その後、デーヴィット・リースの息子、ダニー・リースが2001年にCEOに就任します。ダニーは会社を大きく成長させ、以後、自社の商品をメイドインカナダにこだわることを宣言しました。
創業者である、サム・ティックの想いを継承したいという強い思いの表れではないでしょうか!

出典:https://mag.onyourmark.jp

左:ダニーCEO 右:冒険家ローリー・スクレスレット

購入はコチラ

2・冬のダウンの『王道』カナダグースが人気な3つの理由

出典:http://baybrooknagasaki.blog

ここまでカナダグースの歴史をご紹介させて頂きましたが、ここからはカナダグースはなぜ人気なのか?を機能性や、デザイン、価格などを含めご説明していきます!

2-1 プロフェッショナルから指示される確かな防寒性

出典:https://yamahack.com

カナダグースは創業当初からスノーモービルウェアを中心に極寒地で作業を行う方に向け、ウェアの提供や開発をしてきました。
その防寒性や、機能性は1982年にエベレスト登頂に成功したローリー・スクレスレットが証明したのではないでしょうか!

又、今でもmade inカナダにこだわりを持っており、その縫製技術は世界でもトップレベルという事です!
2000年からはカナダグースを着用した犬ぞりレースや、極寒地での冒険家が次々と記録を打ち立てたことでその機能性の高さに置いて確固たる地位を確立させています。

日本で着用するには熱いくらいの防寒性を兼ね揃えています!

2-2 ラグジュアリーブランドなのに『ちょうどいい』価格帯!

カナダグースが人気のもう一つの理由としては、価格帯にあります!
ラグジュアリーブランドのダウンコートと言えば数十万円から数百万のものまで存在します。中でも有名なダウンではモンクレールではないでしょうか!!

モンクレールなども定番のモデルなど10万以上は当たり前で、人気のモデルなどは20万以上~が多くなります。
決して手が届かない訳ではないですが、一生に一度(笑)くらいの想いで購入し、着るにも気を使って着用しなければならない印象です。

カナダグースも決して安価ではなく高価な商品ではありますが、その機能性とデザイン性を考えれば納得のいく価格ではないでしょうか!
デザインやモデルにもよりますが、定番で人気のモデルの中心価格帯は8万~12万程になります!

『えっ・・高い』とお思いの方も多いかと思いますが、ラグジュアリーブランドの価格と比較して頂ければお分かりになるかと思います!
頑張れば手が届く金額ではないでしょうか!

又、別のデザインが欲しくなった際にも購入を考えられる支出かと思います!
高価なダウンですと20-30万円は簡単にいきますので・・・他に検討の余地も与えてくれない金額です・・(笑)
このちょっと頑張って!の価格帯も人気の要因の一つでもあり、魅力的です!

出典:https://c-edge.fashion/post/8561

2-3 女性にも人気!シルエットとデザイン性!

出典:https://shoppersplus.jp/brand_intro

もう一つの人気の理由が、女性にも人気!!という事です。
ダウンコートはそのデザインから着ぶくれする・・・という印象で女性からはけん制されるアイテムでした。

しかし、カナダグースは日本国内に向けたデザインなども発売しており、国内モデルは、日本人の体型に合わせてスリムになっています。

キレイ目の着こなしが可能なことも人気の秘密です。ダウンの特徴であるモコモコに着膨れすることもなく、シルエットが綺麗で機能性は抜群なので、特に寒がりの女性には人気です。有名モデルの梨花さんなどがインスタで投稿したことも火が付いたきっかけではないでしょうか!

出典:https://sutekina-kurasi.com

海外でも人気で、有名な方では、エマ・ストーンさんや、ジェニファー・ロペスさんが着用され注目されています!
是非、ダウンが苦手な女性は検討してみてはいかがでしょうか!

購入はコチラ

3・カナダグースの代表モデルとおススメモデル10選!!

出典:https://www.fashion-press.net

お待たせいたしました!ここからは、筆者がおススメするカナダグースのモデルと定番人気モデルのラインナップをご紹介していきます!
気になるデザインなどありましたら、是非今年の冬は検討してみてはいかがでしょうか!

3-1 日本人の体形に合わせた人気№1モデル『ジャスパー』

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

カナダグースと言えば!!の大定番『ジャスパー』です!

定番のミドル丈モデルとなっており、シャトーを日本人の体型に合わせてアレンジした人気モデルになります!シンプルなルックスと適度に細身なシルエットで、着回しやすさが抜群です!また、従来のアイテムよりもダウンの量を少なめに調整することで、ジャケットやスーツの上にも羽織りやすいように配慮されているのでスーツで出勤するビジネスマンにもおすすめの一着になります!

3-2 カナダの名作!『シャトーパーカー』

こちらは、なんとあのジャスパーの原型であり、本国のカナダでは『名作』とうたわれているモデルです。ジャスパーに比べてハーフサイズ程度ゆったりしています!機能性はパラシュートボタンを使用したフロントはグローブを付けたままでも開閉可能で非常に利便性にも優れています!首元のチンウォーマーで防風性も抜群の一着になります!

出典:https://zozo.jp/shop/freaksstore

3-3 シルエットに変化を付けたい人におすすめ!『ラッセルパーカー』

出典:https://yamahack.com

ラッセルパーカーの特徴としては、短い着丈です!パラシュートボタンと4つのフラップポケットがミリタリー感があり、また、ハイネック仕様なので首元の風を遮断することができ、フードに付属するチンストラップを閉めれば防寒性を高めることもできます。

丈が短めですので、パンツやすっきりしたシルエットが好みの方にお勧めの一着です!

3-4 スーツスタイルに合わせるなら『エモリーパーカー』

出典:https://gigaranking.jp/items

『カナダグース』では珍しく、ダウンパックのステッチが表地に表れているダウンコートらしいモデルになります。こちらもダウンの量を調整しているため野暮ったい印象にはならず、丈が長めなのでビジネススタイルにも重ねやすいデザインですので、ビジネスマンにおすすめの一着になります!

3-5 都会的デザインと機能性を併せ持つ『ウィンダムパーカー』

出典:https://clachic.woman.mynavi.jp

収納力はもちろん、見た目のデザイン性も高めている大きなサイドポケットが特徴のモデル!こちらのポケット、中は上下にセパレートされており、左下部分にはスマホなどの収納に便利なミニポケットまで装備していますので利便性も抜群!

フロントのボタンをシンプルなスナップタイプにすることで、すっきりと都会的な印象に仕上げられています!

3-6 日本発のモデル『マクミランパーカー』

出典:https://item.rakuten.co.jp

こちらのモデルはなんと、日本発信でワールドワイドに展開されているモデルとなります!トレードマークである大きなフードからはファーを排し、短い丈感やステッチングでカジュアルに仕上げられています。裾のラウンド状のカットや袖口のパイピングの色使いなど、細かなディテールがポイントで、30代~40代の男性に非常に人気のデザインとなります!

3-7 見た目から暖かさを!『ラングフォードパーカー』

出典:https://i.lumine.jp/item

こちらのモデルは、ジャスパーの丈感はそのままに、フロントのパラシュートボタンがベルクロにチェンジされています!

ボタンを省き、Iラインを強調することで、クールでスタイリッシュな雰囲気を演出しています。前面の上部にスラッシュタイプのハンドウォーマー、下部にフラップ式のポケットを配置したユニークなデザインとなっているので、少し違うデザインが欲しい方にお勧めの一着です!

3-8 気分は南極観測隊!『シタデル』

出典:https://wowma.jp/item

本格派が欲しい!という方にお勧めのモデルです!

極寒地で働く観測隊などのプロにも採用されてきた本格派モデルのエクスペディションパーカーを日本向けに改良!日本の環境に合わせてダウンの分量を削減し、洗練されたシルエットを実現しています。4つのポケットがアクセントのオン・オフ兼用コートです。

間違いない防寒性や、寒い所への旅行などにおすすめの一着です!

3-9 ダウンは少し苦手・・という方は『ウールフォード』

やっぱりダウンは苦手・・・という方にお勧め!

フードやファー、ポケットなどを取り除き、至極シンプルなデザインに仕上げたダウンブルゾン。タウンユースを想定し、室内や社内でも動きやすいショート丈になっております!ただそれだけではありません!防風性や保温性を高めるためにスタンドカラーや袖口にリブを配置。防寒性も抜群で且つ、シルエットはタイトでモダンな印象になりますのでダウンが苦手な方にはお勧めです!

出典:https://item.fril.jp

3-10 男らしさを演出『メイトランドパーカー』

出典:https://wear.jp/item/23693853/

男らしく着たい!という方にお勧めの一着!

フロント部分に施された4つのポケットが男らしいデザイン性になっています。ポケットも大きく、収納力にも長けています。他のアイテム同様に撥水性と耐久性に長けたアークティック素材を採用しておりハードに着用して頂けます(笑)

スマートなミドル丈のため、カジュアルからビジネスまで活用可能です。
電車通勤が長く、暖房で暑いという方にちょうど良いアイテムとなっています!

※番外編ベスト

番外編で少しご紹介いたします!
寒さには強い!という方もいらっしゃるかと思います。ダウンは暑すぎる・・・という方にはベストをおすすめ致します!

パラシュートボタンが人気『モントリオールベスト』

出典:https://wear.jp/item/18827710/

防寒用に、首元をしっかりとカバーする襟と、大きめのパラシュートボタンがアクセントになっています!
大きなフラップポケットのついたワーク感の香るデザインですが、ジャパンフィットのタイトなサイズ感でスマートに着用出来ます。

前開きはボタンとジップ併用と、防寒性もお墨付きですので、ダウンは苦手といった方や、お値段もダウンジャケットよりは安価で購入できますので非常におススメです!

シンプルに着こなしたい人には『ギャルソンベスト』

最後はこちら!スナップボタンにスラッシュポケットのシンプルなデザインになっています。
ダウンのボリュームを抑えたすっきりとしたシルエットで、最上級のダウンボールとスモールフェザーの絶妙な配合で、保温性もしっかりと確保されています。インナーダウンとしても活用できる汎用性の高さも魅力のアイテムです!

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

※カナダグース豆知識ブラックなロゴのブラックレーベル

出典:https://oshare-journey.com

カナダグースのロゴは左が定番ですが、右のブラックを見たことがある方も居るのではないかと思います!

そう、それこそが希少なモデル『カナダグースブラックレーベル』です。特別なモデルとなっており、カナダグース社の正規代理店や取扱店が特別にオーダーしたもので、カナダグース社本来のモデルとはデザインや生地を変えているものもあります。

カナダグースは毎年、新モデルや別注モデルなどがリリースされますが、ブラックのワッペン(ブラックディスク)が付いたカナダグースは数が少ない上に、人気が高いためすぐに売り切れてしまうことが多く、時期を逃せば手に入れるのが非常に困難なアイテムになりますので、見かけた方は是非購入を検討してみてください!ワンランク上のカナダグースの上質さが味わえることかと思います!

ちなみに、メンズライン・レディースライン共にありますので、女性の方もお見逃しなく!

出典:https://www.instagram.com
出典:https://oshare-journey.com

購入はコチラ

4・人気ブランドとのコラボも多彩!!〇〇×カナダグース

如何でしたか?前章では、カナダグースの定番モデルから、変わり種までご紹介させていただきました!
欲しいモデルや、気になるモデルは見つかりましたでしょうか?

ここからは、人気のカナダグースなので、有名ブランドと多くのコラボレーションも発表しています。
有名ハイブランドや、ファッショニスタに人気のブランドまで!

ご自身の好きなブランドもあるかもしれませんので、是非最後までお読みいただければ幸いです!

4-1 アウトドアブランド『ノースフェイス』×カナダグース

出典:https://zenmai-tokyo.com

まずは大人気アウトドアブランド、ノースフェイス×カナダグースをご紹介!
商品名は、アンタークティカパーカです!!

ノースフェイスは多くの方がご存じのブランドかと思いますが、そのノースフェイスとカナダグース!共にアウトドアウェアを得意とするブランド同士のコラボレーションで非常に注目を集めたアイテムになります!

南極などのマイナス40度を下回る気温や紫外線など極地における厳しい環境に長時間晒され続けるフィールドワーカーや冒険家のために開発されたジャケットという事も有り、ヒマラヤ登山用のダウンパーカーなどで培ったテクノロジーをもとに保温性・プロテクションセインを追及しています!

ですから・・・東京くらいの寒さであれば、本当に暖かいアウターになります!販売と同時に即完売したアイテムになります。

4-2 ファッショニスタに人気のブランドヴェトモン×カナダグース

出典:https://brand-buyers-osaka.com

こちらは、ファッショニスタに人気のブランドVETEMENTS(ヴェトモン)と16AWにコラボしたモデルになります!
VETEMENTSらしい袖が長め&ボリューミーなシルエットがダウンジャケットにそのまま表現されています!

他に類を見ない仕上がりでヴェトモンらしいデザインとなっています!他の人と被る事は無いと思います!
ラインナップは丈を調整できるダウンパーカーが2カラー、ブラック×レッドのリバーシブルダウンパーカー、カモ柄のリバーシブルダウンパーカーの4種類がありますが、さすがハイブランド・・・お値段は30万以上になります!!

4-3 JUNYAWATANABE×カナダグース

出典:https://www.fashionsnap.com

 

日本が世界に誇るブランド、COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN(コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マ)もカナダグースとコラボしています。

ビッグレッドを彷彿させるようなレッドカラーに、ポケットをフロントにあしらいデザイン性の高い、ジュンヤワタナベらしいデザインの仕上がりになっています。

4-4 人気ラッパーDrakeが手掛けるOVO×カナダグース

出典:https://www.fashion-press.net/news

世界的ラッパーのDrake氏が手掛けるブランドOVO(October’s Very Own)とのコラボレーションもリリースしています。

コレクション内容は、ダウンジャケットは、ピンクとグレーの2色展開となっており、明るいカラーリングが光沢感のある素材に映える通常のデザインにはない仕上がりになっています!

たくさん付けられたポケットや、調整可能なフード、耐久性を保つためのエルボーパッチなど機能的な要素に加え、ゴールドジップや刺繍、フードに付けられたボリューム感のあるファーなどデザイン面も高いアイテムとなっています。

国内ではまだあまり見かけることは少ないかもしれませんが、ショート丈モデルのCHILIWACK BOMBERを採用することにより、普段見かけるカナダグースとは一味違った一面が見られ、ユニセックスですので、カップルで着るのも非常に豪華です!

購入はコチラ

5・カナダグースが最強アウター!!防寒性NO1決定戦!!

ここからは、筆者の独断と偏見で防寒性ナンバーワンのダウンは何なのか・・・という防寒性NO1決定戦と題し、評価してまいります!あくまで筆者の独断と偏見ですので、機能性を保障するものではありませんのでご理解下さい。

エントリーするのはこちらのブランドになります!

  1. カナダグース(カナダ)
  2. モンクレール(フランス)
  3. 水沢ダウン(日本)

どれも有名なダウンになります!評価指標は、防寒性・防風性・耐久性で評価します!

まず結果ですが・・・・

となりました!
それぞれ解説してまいります!

【カナダスース】

防寒性や、防風性は様々な極寒地で活躍している方が証明されているので文句のつけようがない評価です!
防風性も考えられた設計になっており、文句なしの評価です!

【モンクレール】

流石、モンクレールといった印象です!
モンクレールの特徴は、そのシンプルな都会的デザインもさることながら、本格的な機能性です。

中でも、メインのダウンにはこだわりがあり、一羽のグースからほんのわずかしか採取できない最高品質のホワイトグースの羽毛を使用しており、保温性の高さでは業界トップクラスとなっています!こちらも文句なしの機能性です!

【水沢ダウン】

日本ブランドであり、ダウン界の風雲児!
水沢ダウンの特徴は、「DUAL ZIP VENTILATION」というスイッチ一つで3段階の温度調節が可能なハイテク機能を搭載しております!

従来の「防寒」という概念を覆し「発熱」という新概念を全面的に打ち出したモデルなど、今までになかった機能を多数搭載しています。近代的なダウンといった印象です!

購入はコチラ

6・まとめ

出典:https://www.mens-ex.jp/archives

如何でしたでしょうか?
冬本番に向けカナダグースが欲しくなった方や、持っているけど別のモデルが欲しくなった方も多いのではないでしょうか!

カナダグースは決して安い買い物ではありませんが、一着持っておけばどんな極寒地でも対応できる素晴らしいダウンジャケットとなっています!

デザイン性や、機能性、価格・・ここまで兼ね揃えているブランドも中々ないのではないでしょうか!
それゆえにフェイク品なども多く出回ってしまっているのが現実です!

購入ご検討の方は是非正規店での購入や、少し安価に購入したいという方はしっかりと店舗を持った2次流通のショップでの購入をおすすめ致します!

是非、今年の冬はカナダグースであったかい冬をお過ごしください!!

自分が持っている服、今いくらになるか知っていますか?

新しい服に買い替えたいけどお金が無い…
有名買取ショップに持って行ったけど買取金額が安かった…
買った金額以上になればと思って買ってしまったものがある…

実際にこんな悩みをお持ちのお客様が私たちのもとに沢山いらっしゃいます。

そんなお客様に満足してもらいたいと思い弊社は4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。

ブランド古着 販売&高価買取 BRING
ブランド古着 販売&高価買取 BRING