ナイキのダンクはなぜ人気?その理由と人気モデルを徹底解説!

ナイキのダンクはなぜ人気?

皆さんはダンクというスニーカーはご存知でしょうか?
ナイキから発売されているスニーカーで、近年はその姿を街中やSNSで見かけることが増えました。
ですが、ダンクの歴史は意外にも古く、過去にも大流行したことがあります。

この記事では、人気急上昇している理由から、どんな歴史がありどんなアイテムが人気なのかということを徹底的にご紹介します。読めばダンクに詳しくなれちゃいますよ!ぜひご覧になってください!

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


1 バッシュからストリートファッションのアイコンへ変貌を遂げたダンクの歴史

まずはじめに、ダンクというスニーカーがどのようなものなのか、その誕生と歴史について焦点を当ててご説明していきます。

ダンクは1985年にバスケットボールシューズとして誕生します。
この1985年という年はメーカーであるナイキの歴史上、非常に重要な年となります。
さてここで、皆さんは1985年という年号を聞いて何を連想しますでしょうか?

スニーカーファンの多くの方は「AIR JORDANⅠ(エアジョーダン1)の誕生年」と回答するのではないでしょうか?

誕生年が同じだけではなく、ダンクとエアジョーダン1は同じデザイナーである「Peter Moore(ピーター・ムーア)」によって生み出されました。
ビジュアルが似ているダンクとエアジョーダン1ですが、エアジョーダン1とは違う方法であらゆるカルチャーに浸透していきます。
それではダンクの歴史を詳しく見ていきましょう!

1-1 アメリカのバスケットボール強豪校カラーのバスケットボールシューズとして誕生

1985年にナイキのプロモーションの一環として行った、「カレッジカラープログラム」で誕生したバスケットボールシューズがダンクになります。

カレッジカラープログラムとは、1983-1984年シーズンの全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Mens Basketball Tournament)に出場した大学を対象に、各チームカラーを落とし込んだバスケットボールシューズのこと。

日本人の感覚からすると「NBAではなく大学のバスケットボールチーム?」と不思議に思うかもしれませんが、アメリカでは世界最高のバスケットボールリーグとして知られるNBAと同レベルに、大学のカレッジバスケットボールリーグのNCAAも非常に多くのファンを抱えています。地域によってはNBA以上の人気があり、熱狂的なファンを抱えている超人気バスケットリーグなのです。

ブラックやホワイトをベースにしたものではなく、当時では珍しかった豊富なカラーバリエーションで発売。このナイキの試みはバスケットシューズの転換期となりました。

このプロモーションには裏話があり、カラーバリエーションを増やすことでナイキの売り上げの拡大を目論み、現在も注目度が高いNCAAバスケットボールトーナメントに焦点を合わせプロモーションを行ったといわれています。

ナイキダンクのオリジナルは計7色で下記の通りとなります。

  • 白×青=ケンタッキー大学
  • 白×赤=セント・ジョンズ大学、ノースカロライナ州立大学、メリーランド大学カレッジパーク校、ジョージア大学
  • 白×オレンジ=シラキュース大学
  • 白×紺=アリゾナ大学、ビラノバ大学
  • 灰×赤=ネバダ大学ラスベガス校、オハイオ大学
  • 紺×黄=ミシガン大学
  • 黒×黄=アイオワ大学、パーデュー大学

1-2 スケーターがスケート用に着用したことで愛用アイテムとして認知される

当初、バスケットボールプレーヤー向けのバッシュとして誕生したダンクでしたが、設計段階では全く予想をしなかったであろうスケートボーダーに好んで着用されるようになっていきます。
スケーター達はダンクのフラットでグリップ力の高いアウトソールのほか、横方向の動きに対するサポート性や耐久性に目をつけ、それをスケート用シューズとして着用したのです。

1970年代のナイキブレイザーも愛用していたスケーターにとって、耐久性に優れた本革製のバスケットボールシュ―ズであるダンクはとても魅力的なスニーカーでした。
2トーンカラーの鮮やかな配色のファション性に、足の裏でボードを捉える接地感の良さや機能性、そして在庫処分のセール価格で購入できるコストパフォーマンス面でもスケート用のスニーカーとして選ばれたのでした。

また、当時利き足の違う相手と片足だけ交換し、左右色違いのダンクを履く奇抜なスタイルが一時流行したという話もあります。
まさにダンクはスケーターの様々な理想を叶えるスニーカーだったのです! 

1-3 日本を中心にストリートファッションで大流行

日本市場を中心にヴィンテージスニーカーへの関心が最高潮に達した1990年代後半、それまで何度も噂されたナイキダンクの復刻が遂に実現します。

裏ダンクと呼ばれるツイン配色のスウォッシュとボディカラーを反転させたカラーリングのダンク、アッパーの配色を反転した各2色組み全18型のナイキダンクは、その復刻を世界で最も待ち望んでいた日本のマーケットで凄まじいダンク旋風を巻き起こしました!

そしてナイキダンク復刻後まもなく、厚タンにガムソールを採用したダンク SB2000年に初めて発売されました。
ダンク SBの発売、待ち望まれたダンクの復刻により、日本のストリートシーンでダンクは大流行したのです!

1-4 ダンク人気が再燃し再度ストリートのスニーカーの代名詞へ

近年日本では様々なファッションアイコンやアーティストが着用し、様々なブランドとのコラボレーションも発表されたことでダンクの人気が再燃、ストリートで最も支持を集めるスニーカーのひとつとなっていきました。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


2 ダンクが再び人気を集める3つの理由

前章でもご説明させて頂きましたが、ダンクは1990年代の終わりから2000年代半ば頃まで「ストリート系スニーカーの顔」と言っても過言ではありませんでした。
その後、一時期の人気低迷から再びストリートシーンで爆発的な人気を博していますが、なぜ今になってダンクがここまで人気が再燃しているのでしょうか。それには3つの理由があります。

この章ではそんなダンク人気が再燃している理由についてご説明させて頂きます! 

2-1 ストリートファッションの世界的な流行とリバイバル

まず1つめはストリートファッションの世界的な流行とリバイバルです!
近年ではルイヴィトンのデザイナーにオフホワイトの『ヴァージルアブロー』の就任や、ディオールのデザイナーに『キムジョーンズ』が就任するなど、数々のラグジュアリーブランドがストリートファッション出身のデザイナーを起用し、ファッション業界全体がストリートファッションの流れを汲んでいます。

それに伴い、1990年代後半から2000年代半ばの日本の裏原を中心としたストリートファッションのスタイルが再度注目されることとなり、その当時のアイテムやスタイルがリバイバルしているのです。

また、その当時流行していたスニーカーであるダンクも、当時のアイテムやスタイルのリバイバルによって人気が再燃し、ストリート系スニーカーの顔にまた躍り出ました。

2-2 ダンク誕生35周年の節目でナイキが推しているモデルである

2つめがダンク誕生35周年の節目でNIKEが推しているモデルであるという点です!
1985年発売のダンクは2020年で発売から35周年を迎え、過去発売されたモデルの復刻、多くのアーティストやブランドとのコラボレーションなど、メーカーであるナイキが様々なプロモーションを行ってダンクをプッシュしています。

2-3 様々なブランドやアーティストとのコラボレーションによる話題性

3つめは様々なブランドやアーティストとのコラボレーションによる話題性です!
ダンクは以前の流行時も様々なコラボレーションをおこなっていましたが、それは2024年でも同様です。

ファッションアイコンやインフルエンサーであるヴァージルアブローやトラビススコットも普段から私物としてダンクを愛用しており、その着用により一般層までダンクの人気が広まりました。
また、両者はダンクとのコラボレーションも行っており、そのモデルも高い人気を誇っています!

ここからは、近年発売され人気のコラボレーションアイテムを一部ご紹介させていただきます。

×OFF-WHITE

出典:Pinterest

Nike Dunk Low Off-White

出典:SNKRDUNK

ヴァージルアブロー率いるオフホワイトとのコラボレーションモデルです。オフホワイトのスニーカーのアイコンになっている結束バンドがついたことで、ストリートかつモードなオフホワイトらしいデザインとなっています。

×Travis Scott

Nike SB Dunk Low Travis Scott

出典:God Meets Fashion

ダンクをふたたび流行させた要因の一人でもあるトラビススコットとのコラボレーションモデルです。ペイズリー、チェックの切替しデザインとなっており、価格も15万~20万という高額で取引されている超人気モデルとなっています。

×Girls Don’t Cry

Nike SB Dunk Low Verdy Girls Don’t Cry

出典:SNKRDUNK

×Grateful Dead Bears

Nike SB Dunk Low Grateful Dead Bears

アメリカを代表する伝説的バンド『Grateful Dead(グレイトフル・デッド)』のマスコットキャラクターとのコラボレーションモデルです!3色あるカラーの中でもオレンジのカラーが最も人気が高く価格も最も高い金額で取引されています。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


3 DUNK」と「DUNK SB」の違いとは? 

1章、2章ではダンクの歴史から人気再燃している理由について説明させて頂きましたが、ダンクには大きく分けて2つあることはご存知でしょうか?
この章では、「DUNK」と「DUNK SB」という2つのラインについて、それぞれどこがどのように違いや特徴について紹介していきます。

3-1 DUNKはバスケットボール用のバッシュのライン

NIKE DUNK

フルグレインレザーアッパーにポリウレタンミッドソールを採用し、競技用のバスケットボールシューズとして誕生した通常ラインです。当初はハイカットとローカットの2型を展開していますが、のちにスポーツクラシックのカテゴリーから復刻されると、スエードやシンセティックレザーなどの素材が追加されました。

NIKE DUNK PREMIUM

ナイキダンクの上級機種として登場したプレミアムは、上質なカーフレザー製の初代モデル以来、特別仕様の称号としてされていました。ですが、時代と共にその意味合いは変化していき2008年にはズームエア搭載という新基準が制定され、ナイキダンクの体系化が進みました。
2010年以降はズームエア搭載に限らず、柔軟な運用が始まっています。

3-2 DUNK SBはスケートボード用としてアップデートされたスケートシューズのライン

NIKE DUNK PRO SB

厚タンとガムソールを採用した試作機を経て完成した、スケートボード仕様のナイキダンクです。
1世代のローカットに次いでハイカットも展開、その後遅れてミッドカットも展開されました。
その開発を担当したのが、後に2002年にナイキのスケートボードラインであるナイキスケートボーディングを立ち上げるナイキSBチームのメンバーでした。

ナイキSBチームのメンバーは、かつてオリジナルのダンクがスケーターに愛用された歴史を理解することで、再びスケーターのニーズに応えるテクノロジーを導入したナイキダンクを研究しNIKE DUNK PRO SBを開発したのです。
通常ラインのダンクに比べ、タグにはSBのマークが入りスケートボード用にシュータンが分厚くなっているのが最大の特徴です。

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


4 厳選名作モデル「DUNK」5選と「コラボレーションDUNK」5選

誕生から今まで実に様々なカラーやモデルのダンクが発売されています。

この章では、今までのダンクの歴史の中で名作モデルを「NIKEオリジナルDUNK」「ブランドやアーティストとコラボレーションしたDUNK」2つに分け、それぞれ厳選したアイテムを5つ紹介していきます!

4-1 NIKEオリジナルDUNK5

ここからは「NIKEオリジナルDUNK」のモデルを5つ紹介させていただきます。

Nike Dunk Low SB Paris 

発売年:2003
現在相場:2,000,00010,000,000

2003年にリリースされた幻の超名作スニーカーNike Dunk Low SB Paris
Nike Dunk Low SB Paris(ナイキ ダンク ロー SB パリ)は、当時世界各地で催された『ホワイト・ダンク展』がパリで行われた際に200足限定で発売された超限定モデルです。

そのデザイン性の高さから大きな話題を呼び、発売日当日には世界中からスニーカーヘッズたちが集結しました。ですが、諸事情により販売は途中で中断、実際市場に出回ったのは200足よりもずっと少ない数だったそうです。
そういう裏事情もあってか、200以下しか存在しないため非常に高額な金額で取引されてるアイテムとなっています。

Nike SB Dunk Low Heineken

発売年:2003
現在相場:500,000 

2003年にリリースされた、オランダのビールブランド「ハイネケン」をイメージしデザインされたモデル。
かかと部分にある星のデザインはまさにハイネケンそのもので、発売当初からかなり話題のアイテムでした。

Nike SB Dunk Low Reese Forbes Denim

発売年:2002
現在相場:500,0001,600,000

プロスケーター『REESE FORBES(リース・フォーブス)』が提案した通称「REESE DENIM」で、デニム素材を使用した日本未発売のモデルです。このモデルはなんと、世界で444足限定の超希少モデルになります。

Nike Dunk Low Cowboy(Sole Collector)

発売年:2005
現在相場:500,000800,000

ニューヨークのイベントで226足限定で発売されたモデルです。スニーカーには珍しいシリアルナンバー付きのスーパーレアなアイテムとなっています。

Nike Dunk SB Low What the Dunk

発売年:2007
現在相場:1,000,000

2007年に世界300足限定で発売されたNIKE SBチームのDVD「Nothing but the truth」のプロモーションで発売されたモデル。国内でも限られた店舗で展開されましたが、かなり足数も絞られ一般の方はほとんど手に入らなかったモデルです。

このモデルは、2007年以前に発売されたDUNK SBのカラーリングや素材を各パーツに落とし込んでいるデザインとなっています。

4-2 ブランドやアーティストとのコラボレーション5選

×SUPREME
Nike Dunk High Pro SB Supreme

出典:NIKE

発売年:2003
現在相場:500,000700,000

2003年に発売されたシュプリームとのコラボレーション第2弾のモデルです。

出典:SNKRDUNK

2021年、18年振りに当時のデザインを踏襲し、ローカットモデルが発売されたことでも話題となりました。現在、オリジナルのハイカット、ローカット共に絶大な人気を誇っています!

×SUPREME
NIKE DUNK SB LOW SUPREME WHITE CEMENT

出典:NIKE

発売年:2002
現在相場:400,000700,000

2002年に発売されたシュプリームとのコラボレーションモデル第1弾で、NIKE SBライン初のファッションブランドとのコラボレーションで話題となった1stモデルのSUPREMEダンク「DUNK LOW PRO SB」です。
スムースレザー素材のアッパーにエアジョーダン3を彷彿とさせるスウェード調のセメントパターンの組み合わせが特徴的で、今なお普遍的な人気を誇っています!

×Diamond Supply Co.
Nike Dunk SB Low Diamond Supply Co. “Tiffany”

出典:SNKRDUNK

発売年:2005
現在相場:300,000500,000

2005年に発売された、アメリカのストリートブランド、ダイヤモンドサプライとのコラボレーションモデル。
ジュエリーブランド「ティファニー」のブランドカラーであるティファニーブルーの色が使用され、ナイキファンやティファニーファンからも超人気なモデルとなっています! 

×STUSSY
Nike Dunk SB Low Stussy Cherry

発売年:2005
現在相場:250,000円~300,000

2005年に発売されたステューシーとのコラボレーションモデルで、デザイン提案は当時のブランドマネージャーの『Robbie Jeffers』が行っています。
ストロベリーチョコレートパフェをモチーフにして、アッパーで再現されています。
シュータンのチェリーは、パフェの上に乗っているさくらんぼをイメージしてデザインされています。

Nike SB Dunk Low Ben & Jerry’s Chunky Dunky

出典:SNKRDUNK

発売年:2020
現在相場:150,000円~200,000

アメリカのアイスクリームブランド『BEN & JERRYS(ベン&ジェリーズ)』とのコラボレーションモデルです。
人気のフレーバーである「チャンキーモンキー」から名付けられた通称「CHUNKY DUNKY」で、ミニカップに描かれる牧場の風景がスニーカー全体に落とし込まれています。
ハラコ素材を用いた牛柄の補強パーツや、ヒールにある“BEN & JERRYS”のフォント用いた“NIKE”ロゴを刻印など、細かいディテールまでこだわり抜かれた一足となっています。

当社が運営するBRINGでは多くのナイキアイテムを販売・買取をしています。
ECサイトは毎日更新をしていますので、市場に出回っていないレアな個体が眠っているかもしれません!
以下のサイトもご参照ください!

>>BRINGのECサイトはコチラ

また、ナイキの全モデルの買取も行っていますので、「少しでも高く売りたい」「自分のモデルが今どんな価値があるのかを知りたい」という方は以下のサイトもあわせてご覧ください。

>>ナイキの買取ページはコチラ!

ブランド品を高く売るならBRINGへ!

最短5分で査定結果をお伝えします!
まずは査定額だけでも聞いてみませんか?


5 ナイキのダンクはストリートスニーカーの代表的な存在

ここまで、現在人気が再燃しているナイキのスニーカー「ダンク」について紹介しました。

この記事を簡単にまとめますと、ダンクというスニーカーの歴史に関して、

・アメリカの大学バスケットボール強豪校カラーのバスケットボールシューズとして誕生
・スケーターがスケート用に着用しスケーター愛用アイテムとして認知される
・日本を中心にストリートファッションで大流行
・ダンク人気が再燃し再度ストリートのスニーカーの代名詞へ

ダンクが現在再び人気を集める3つの理由は、

・ストリートファッションの世界的な流行とリバイバル
・ダンク誕生35周年の節目でブランドが推しているモデルである
・新旧共に様々なブランドやアーティストとのコラボレーションによる話題性

この記事を読んで少しでもダンクというスニーカーに興味を持って頂けたら嬉しいです!

ダンクコレクションは定期的に新作が登場するため、すべて購入したくても中々難しい部分があることでしょう。そんな時は、コレクションの一部を買取に出して新調するアイテムの軍資金にするのがおすすめです。そこで買取の際は、ぜひブランド専門店「BRING」での買取をご検討ください!

BRINGでは、経験豊富なバイヤーが査定を担当し、最新の相場を反映したご提案が可能でございます。「他店で相場よりも低い価格を提示された」「買取してもらえなかった」などお悩みでしたら、当店へご相談ください。お問い合わせは電話相談LINE査定、お申し込み専用フォームから受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ!
皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

あなたが持っているナイキ
今いくらになるか知っていますか?

BRINGでは豊富な知識と経験を持つバイヤーが、お客様の大切なナイキを高価買取いたします!
お問合せ方法は、電話やメール、LINEから選択可能。買取にかかる手数料はすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

コメント

シューズ・スニーカーの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!
シューズ・スニーカーの販売&高価買取はBRINGにおまかせ!