2016年12月02日(金)

【リシャール・ミル買取】リシャール・ミル RM016 [TI サテンベルト]の特徴とは?

レクタンギュラー・ケースの重厚なたたずまい

リシャール・ミル RM016 [TI サテンベルト]の特徴は、なんといってもその厚みでしょう。
8mm弱という驚異の薄さを可能にしているのは、リシャール・ミルのすぐれた組み立て技術です。
スーツの袖をふくらませることのないスリムでシャープな形状は、世界中で話題となりました。

リシャール・ミル RM016 [TI サテンベルト] は、ブランド初のレクタンギュラー・ケースモデルとしても知られています。
レクタンギュラー・ケースとは四角い形のケースのことで、クラシカルでかっちりとした印象を与えるデザインです。

カルティエ、オメガ、ロレックスなど名だたる老舗ブランドがレクタンギュラー・ケースのウォッチを発表してきましたが、リシャール・ミル RM016 [TI サテンベルト]は、そうした歴史ある逸品に肩を並べるニューカマーといえるでしょう。

8mmの薄さに搭載された可変慣性モーメントローター

この時計のもうひとつの特徴は、内部に搭載されている「可変慣性モーメントローター」です。
可変慣性モーメントローターとは、使う人のライフスタイルに合わせて巻き上げ効率を変更することができるローターのこと。

そもそも、自動巻きは、適度に身体を動かすことによって時計内部の歯車が回転します。
そのため、デスクワークであまり手首を動かさない人や、時計をしている時間が短い人は、時計を動かすのに充分なエネルギーが得られないことがあります。
ですが、この時計に搭載されている可変慣性モーメントローターは、6つのポジションで遠心力を変えることができるのです。
この調節によって、少ない運動でも時計を動かすのに必要な回転数を得られるようになります。
ローターはチタンでできており、ホワイトゴールドのフィンがついています。

可変慣性モーメントローターは、リシャール・ミルが世界で初めて腕時計に搭載したパーツで、時計の価値を高めるポイントのひとつになっています。

 

ブランド時計・リシャール・ミルの売却を検討中のお客様は是非ともブランドリバリューへ!!

高額買取をお約束します。

ブランド時計の買取詳細はコチラ

リシャール・ミルの買取詳細はコチラ



都合に合わせて自由にチョイス!選べる3つの買取方法

「ブランドリバリュー」のスタイル別買取方法

お客様のご状況に合わせて利用しやすい買取方法をご用意しております。

BRANDREVALUE 店舗案内